ショートパットの打ち方| ボールを見ないで打つパッティングに挑戦

Pocket

ショートパットの打ち方

ショートパットが入らないで悩んでいるゴルファーは、少なくありませんです。特にその傾向は「ゴルフの上級者」に多いことが分っています。

ゴルフ上級者ほど、1打のパター数にスコアーが左右されることを知っているからです。パターイップスに、プロゴルファーが多いことにも理解ができますよね~。

ショートパットの究極の練習方法 打ち方の極意とは?

ショートパットが入らない原因としては、プレッシャーをかけすぎて手が動かない、強いパターを打とうとして、引っかけてしまう等、 ショートパットが入らない原因には精神的ものが大です。

そこで「ショートパットに強いパター」「 ショートパット 極意」「 ショートパット コツ」を調べ上げた究極の「練習方法」を紹介します。

ボールを見ないで打つパッティングに挑戦

ゴルフ歴は30年ほどありますが、ボールを見ずにパッティングをする人を見かけたことありません。最近のスコアーを見ていると3パットが増えていることに気づきます。

そこで、色々研究していて、「ゴミ箱に紙屑を片手でポ~んとほるときに」手元をみずにゴミ箱をみますよね~。

野球のピッチャーがボールをほるときに、キャッチミットを見てほりますよね~、パターもボールでなく、「ホールを見て打ってもいいのでは」と思い付きました。

ネットでボールを見ないでパッティングを検索してみると、なんとプロゴルファーにもいたんです。ビックリしました。

世界的にも有名な「ジョーダン・スピース」のパッティングはボールを見ずにホールを見て打っているのです。

さっそく練習場でボールを見てパッティングするのではなく、ホールを見て打ってみるとポンポンと入るではないですか(^^)/

やった~と思いコースでもやって見ました。すると1m以内のパットが入るではないですか・・・。

ところが

意識しはじめると

ボールを見てない感覚が不安になり始めて・・・

入らなくなりました(^^;)

見たり見なかったり、悩みながらやった結果が

 ↓

1パット4回 3パット4回

ショートパットが入らない原因

どちらでも「プレッシャーをかけすぎると入らない」ということに気づき

元に戻しました

練習ストロークでの素振りを「ホールを見ながら集中してやる!」

練習ストロークで実際に打ったイメージで素振りをしてから、以前のようにボールを見ながら「ヒットすること」を意識して打つ。

結果

完璧はないのですから、「ルーティーン通りにやって入らなかったら仕方ないと割り切る」ことが大切なことだと思いました。

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

Pocket

90切るドライバーランキング2017





saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加