フェードボールの打ち方 アイアンで真剣に練習始める!

Pocket

60歳からでもシングルになるためには

宝塚高原ゴルフクラブ2019年シニアチャンピオン競技の予選でのラウンドは、情けない結果となりました。アウト:46 イン:45 グロス:91で予選落ち。

インコースのラウンド内容と反省点

宝塚高原ゴルフ場シニアチャンピオン競技予選スコアー

シニアチャンピオン競技は、インコースからのスタート(クラブチャンピオン競技がアウトスタート)で10番パー、11番ボギー、12番パーと順調な出だしでしたが

13番の3打目で無理にグリーンを狙ったつもりではなかったのが7番アイアンで左へ引っ掛けて痛恨のOB、打ち直しはバンカーから寄せてダブルボギー。

14番の打ち下ろし、左へ大きく曲げて2打目はフェアウエイに出すだけボギーにすることができたが、本来はサービスホール。

上がりの3ホールを残して+5

16番パー、17番をまたしても左へ引っ掛けてOB

雅人さん
18番パーオン、50センチのパーパットが強く旗竿に当たり「跳ね返る」ボギー
なんとついていない(-_-;)

上がり3ホールで +4

インコース「45」

予選通過するには、アウトコースを最低でも「42」と計算してスタートするも気持ちがなぜか「ザワザワしている」

アウトコースのラウンド内容

サービスホールの1番でボギーとしたことが、なぜか焦っているのか2番のセカンドで、いつもの冷静さを失っていたのかセカンドを3番ウッドで左へOBしてしまう。

通常では考えられない凡ミスをしてしまい痛恨のトリプルボギー(-_-;)

4番バーディー、5番パーとしてここまで、「+4」

6番から9番まで+2でいけば予選通過できると計算

6番400ヤードのミドルはボギーでいいのだが、ティーショットが飛んでいたので欲が出る届く距離を3ユーティリティーで、またもや左へ。

雅人さん
ボールは木の根っこの横、なんとついていない(-_-;)

木の根っこから低いボールでグリーンをとらえたものの15Mのファーストパットをショートして3パットのダブルボギー。

7番ボギー、8番ボギーとしてここまで、+8

9番をパーで上がって「44」

終わったと力抜けるが最後くらいパーで締めよう と3打目110ヤードをピッチングで打つと左のバンカーを超えてOB。

打ち直してダブルボギー。

ホールアウト後に「ボールがあった」キャディーさんが見落としていた。自分で探さなかったのも悪いが「どっちみち予選通過無理だからいいよ」と・・・。

雅人さん
上がってみると8位が「90」で通過しているではないか・・・・・。

最悪のゴルフでも「最後まで諦めなければ予選通過」していたかもしれないと思い、寝つきが悪い夜となりました。

宝塚高原ゴルフシニアチャンピオン競技予選 成績表

ラウンド後の反省から真剣にフェードボールの練習

ミスをすると左へいく傾向があるのは前からであって、たまたま上手くいっていて、フェードボールの練習をしていなかったのがここで爆発した。

ドローボールは、調子が悪くなると「引っかける」ことを肝に銘じて「フェードボールの練習」をすることで、安定したゴルフができるように練習やり直しだ。

フェードボールの練習

フェードボールの練習

フェードボールの練習

フェードボールの練習

フェードボールの練習

これだけ言えば、もう迷わないぞ!!

Pocket





saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加