ゴルフ競技成績

天皇誕生日杯(2017/12/23宝塚高原ゴルフ場)に参加してきました。アウト42 イン45 87 HD:8 NET「79」22位(59人)でした。

アウトからショットの調子が良くて、今日は優勝も狙えるかもという状態でした。飛ばし屋の2人をオーバードライブして気持ちのいいドライバーショットが大当たり。

天皇誕生日杯 宝塚高原ゴルフ場

1番から4番までパーオン、3番ショートホールで3パットしたが気持ちのいいラウンドでした。5番ホールは、バンカーに入れてボギーとしたものの、ここまで「2」オーバー。

事件は、6番ホールで・・・

ティーショットはナイスショットでしたが、木の下まで飛んでしまって低い球で3打目が残り50ヤード地点まで、そこから58度のアプローチショットがグリーンの硬さに跳ねられてグリーンオーバー。

4打目をアドレスすると、枯れ芝からボールが動いてしまい「ペナルティー」を払い5オン3パットの「8」をたたきました(^^;)

ここから、7番、8番、9番と連続パーで、なんとかアウト「42」で上がることができたのは、いままでの自分とは違う成長があったかな・・・。

午後のラウンドに期待を持たせる内

10番のティーショットセカンドの残りが135ヤードとドライバーショットの飛距離も冬場とは思えないような飛距離がでて気持ちのいいスタート。

セカンドはグリーンの手前、3打目をパターで寄せるも寄せきれずにボギースタート。11番は左へ飛び、セカンドは出すだけ、そこから2mに乗せたが、ボギー。

12番は寄せてパー。13番もパーオンしたが3パットのボギー。14番パー、15番ボギー、16番パー、とここまで、「4」オーバー。

残り2ホールをパーで上がれば、3位入賞もありかと思い、少しの緊張を迎えて

17番のティーショットは、左へ痛恨のOBとしてしまい、「7」。18番も右へOBしてしまい気落ちした結果のティーショットになり、ダブルボギー。

連続してOBで崩れた結果となりました(^^;)

ラウンド後の反省

ティーショットが良かっただけに、17番でまさかのOBをするとは予想もしなかっただけに、「ショックの連続OB」となった結果に、まだまだ だな~と思いますね~。

来年の目標

➊ドライバーのスイングを安定させること

➋1m~5mのパットは確実にオーバーさせること

➌10m~20mの距離感の安定を確率ささること

3つの弱点を克服することを目標に来季こそ優勝ができるように精進していきたいと思っています。

天皇誕生日杯 宝塚高原ゴルフ場成績表

真冬のゴルフ対策は、服装とグリーンとメンタル強化

真冬のゴルフは、グリーンが凍っていて、直接グリーンに乗せるとボールが跳ねてグリーンオーバーするケースがあるということを、いつ気が付くかです。アウトスタートで、6番まで気が付きませんでした。

運が良かったのかグリーン上で跳ねていなかったように安心してプレーしていて、7番ホール打ち下ろしのショートホールはアゲンストのため、グリーン手前。

事件がおきたのは、8番ホール420ヤード打ち上げの長いミドルホールの3打目が残り50ヤード弱。ピタッと寄せればパーもある場面で・・・。

ボールがグリーン場で「カ~ン」と跳ねてグリーンオーバー。

前下がりの難しい4打目を寄せきれずに下りのパットをオーバーさせ4オン3パットの「7」をたたき、ガックリ。

宝塚高原ゴルフ ラストコール杯

ここまで真冬のゴルフにしては我慢強くラウンドできていただけに(^^;)

9番ロングホールでも3打目をバンカーに入れて、グリーンの硬さを意識して、1発で出ずに5オン2パットのダブルボギー。

なんと上がりの3ホールで+「6」も打ってしまい

アウト「45」

インコース10番、難しい1mのフックラインを読み切ってパーの出だし好調。ショットは、好調だったので午後からの好スコアーを期待して、難関の11番ホールを迎えた。

ここで、左OBを意識して、センターからフェードイメージで打ったボールが「少しフケて」運悪く「風にも悪さされて」痛恨のOB。右へ出るはずのないボールが行ってみると「ロストボール」。

4打目グリーン外して5打目をチョロして6オン2パットの「8」

12番パー。

13番3オン バーディーチャンスをボギーにしてしまい ウ~ン こりゃ駄目だ~

14番も2打目を池ポチャして、4オン1パット ボギー。

「どんなに悪くても上がり3ホールは真剣にプレーする」というのが今年の目標のひとつ。

16番から頑張ってパー・ボギー・パーで上がり

イン「44」

ショットが良くなってきただけに、もう少し何とかなったようなラウンドでした。

優勝が3オーバーと聞いて、タラレバで計算したら

アウトで -4 なら「41」

インで -4 なら「40」 81なら net「73」で優勝じゃないか~(笑)

タラレバいいだしたら、参加したみんなが優勝してしまいますね~。

そんなラウンドでした。

真冬のゴルフは、みんな悪いのだから、諦めずに最後まで全力でコースを相手にプレーしておれば、きっといいことが起きることがあると思いました。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村←参考になりましたら応援”ポチッ”と、よろしくお願いしますm(__)m

ラウンド後の反省

7番ショート:ナイスショットでもアゲンストの風でグリーン手前からのアプローチミス。

8番:3打目はナイスショットでも硬いグリーンを計算できてないけど、その後のアプローチが雑だった。

9番:3打目をバンカーへいれたが、バンカーのミスが痛い。

11番:右への、ティショットOBはここだけ。もう少し振り切ったショットをしなければダメ。

13番ロング:4mパーオンしているのに、バーディーチャンスを無理して3パット。

14番:池ポチャしたが、次のアプローチが良かったので、まだ救えるが・・・。

この大きな5回のミスで、+「8」

ということは、「ゴルフのレベルは上がっている」

小さいミスは許容範囲としても大きなミスをできるだけ少なくすることが出来れば「もう少しステップアップ」できると思う。
宝塚高原ゴルフ ラストコール杯

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

宝塚高原ゴルフ2017年最後の月例競技は、さんざんな結果でした。アウト「44」イン「48」グロス「92」今年のワースト記録となりました(^^;)

10月からドライバーを探しまくりネクスジェン6で落ち着いていたのですが、何かしっくりこないので、取っかえ引っ替え」した罰があたりました。

12月の「高槻サタデーカップ」から今回の「宝塚高原ゴルフ12月の月例競技」で、大事なところでドライバーのダフリで痛恨のOBをやらかしてしまう病気にかかってしまいました。

アウトコースは、1番でパーを取ってから、6番まで「づっとボギー」7番でパー。ここまで残りの3ホールを残して、+5と面白くないゴルフでした。

8番は、距離のあるパーオンは難しいホールで今日イチのドライバーショットに気分よくしてセカンドをミスし、3打目が少しピン奥のセンターまで65ヤード。

本来なら得意な距離をトップさせて、あわやOBすれすれのラフから4打目をミスして「トリプルボギー」としてしまい、アウト「44」。

宝塚高原ゴルフ 2017/12月月例競技

インコース10番もティーショットは、まずまずのショット。セカンドもナイスショットがグリーン奥までいき返しを寄せきれずにボギー。

11番もセンター狙いが少しドローがかかりすぎて左のラフ。セカンドを狙えずグリーンセンターへ、そこからのせてボギー。

ここまでは、しかたない。

失敗は、ここから。

12番ショートホールを左へダフリ気味のひっかけて痛恨のOB。打ち直しも左奥へ外して「トリプルボギー」とし、「今日はもうだめ」(笑)

13番打ち上げのロングホールは、ナイスショット。ところが、セカンドを大きく左へ引っ掛けてOBとしてしまい連続OB(^^;)

14番は、バーディー逃がしのパー。⁺7

ここから、残りのホールをすべてパーで上がろう

気持ちは追い込まれた状態から

苦手な15番ホールのティーグランドは、左端。

右肩が下がりやすい、自分のスイングの欠点で一番のミスがでやすい状況から

案の定

ダフリの左へのOBとなり、ダブルボギー。

16番のショートホールも、気落ちしてダフリのチョロ(^^;)
セカンドをトップしてグリーン奥へ。

あ~   もう帰りたい・・・。

もう後は、ティーショットの練習のつもりで、18番まで。

3オンして30センチをはずして、おまけのボギー。

さんざんな結果となった今年最後の月例でした。

ゴルフの神様に「お叱りを受けた」ラウンドとなりました。

ラウンド後の反省

ラウンド前の練習では、いい気持ちのショットが出ていたので何の心配もない状態でラウンドしていたが、1番のパー以後ショットはいいのに、パターが決まらず連続ボギーを辛抱しきれないイライラ感から8番のミスショットが余分だったように思う。

インコースも10番セカンドの飛び過ぎから、乗り切れない状況を作ってしまったかな~。ミスショットでない出来事から、痛恨のミスへと流れが悪くなったように思う。

ゴルフとは、本来「そういうもの」流れをとめることが出来れば、もう少し「安定したゴルフ」ができるようになるのかと・・・。

来週の「ラストコール杯」で雪辱できるように、今週のレッスンを願いします。

くずはオープン競技会

くずはオープン競技会(2017/11/27)に参加してきました。アウト38 イン42 グロス80 HD9.74 NET70.26 で8位でした。決勝大会へは10位までが出場資格がありますが、出場は辞退することにしました。

台風の影響で、フェアウエイが整備されていません。芝は薄いしベアグランドが多すぎて、コンディションはよくありませんでした。条件はみんな同じで競技としてはいいのですが、気持ちの問題でしょうか・・。

くずはオープン競技

インコースからのスタートでしたが、11番、12番、13番でパーを取ったものの14番でダフッて左へOBを打ってしまいました。ここで、「7」をたたき、15番16番17番とづるづると18番で、やっとパーで「42」。

昨日まで寒くて真冬の服装できたのは失敗でした。前日に「天気予報を確認しておけばよかった」と反省しました。アウトコースでは、1番~5番まで+1と好調、8番、9番と不用意なボギーでガックリ「38」。

ラウンド後の反省としては、左のOBとインコースで、アプローチが寄らなかったことで、無駄なスコアーが+「3」あったことです。グリーン周りからのアプローチの重要性を感じたラウンドでした。

くずはオープン競技 成績表

能勢カントリークラブにて、第96回北遊会ゴルフコンペ(2017/11/10)参加しました。インコースからのスタートで2バーディ、2ボギーの「36」がでました。アウトコースは、2段グリーン下から4パット(2番)、4番で3パットもあり「43」でしたが、ベストグロス賞を頂きました。

能勢カントリークラブ攻め方 北遊会ゴルフ

能勢カントリークラブ インコースの攻め方

10番ホール PER:4

能勢カントリークラブ 10番ホール攻略

短いミドルホールで、フェアウェイ右側はOBなので、ティショットはドライバーは使用しなくても2オン可能なホールです。セカンドは、グリーン手前には窪地が、グリーン奥はOBなので注意してください。

攻め方として、右OBを怖がって左の斜面には残したくないので、グリーンセンター狙いでいきました。残り75ヤードの打ち上げをAWで打ち右横1mに付けてバーディは嬉しい。

11番ホール PER:4

能勢カントリークラブ 11番攻略

ティーインググラウンドから左サイドはOBなので、右サイド狙いがいいです。斜面にはうちこまないように、セカンドは、グリーン手前には池があり、グリーンは縦に短く距離を合わせるのがむずかしい。

右サイド池まで240ヤードだが、私の距離では、届かないのでドライバーを使用、ナイスショットで、セカンドの残りが、75ヤードをAWで7割のショットがグリーンオーバー。

3打目58度のウエッジで転がしたボールがなんと、「カップイン」して連続バーディーとでき過ぎ。ラッキーなホールとなって気分も最高でした。

12番ホール PER:3

能勢カントリークラブ12番ホールの攻略法

打ち下ろしのショートホールで距離がないので安心していると池ポチャもあり、右に逃げるとグリーン右サイドは斜面に囲まれており、ラフが短いとボールは落ちて来るが、ラフが長いと途中で止まりパーは無理。

9番アイアンか、8番アイアンか迷ったが、グリーン奥はOBなので手前でもいいと判断して、9番アイアンでグリーンセンター狙いが少し手前にオン。残り15ヤードを寄せてパー。

13番ホール PER:4

能勢カントリークラブ13番ホール攻略法

距離のある真っ直ぐなホール。フェアウェイは広いが左右はOB。フェアウェイ右にはクロスバンカー、松の木があり、グリーン手前は左足下がりから砲台グリーンになっている。グリーンーバーはOBなので注意。

395ヤードとアベレージゴルファーには、しんどいホール3オンを意識してもいいと思ったドライバーショットがナイスショット、だが残りは、グリーンセンターまで165ヤード。

ユーティリティーの23度と25度と迷ったが、25度で打ったボールがグリーンオン。2パットのパーとでき過ぎのショットの連続。ここまで、なんと2アンダーは驚きです。

14番ホール PER:3

能勢カントリークラブ14番ホール攻略法

高低差のある打ち上げのショートホール、縦長に大きく緩い2段グリーン、本日のピンの位置は一番手前の130ヤード。奥に付けると下りの速いパットが残り、ピン手前に乗せたいホールである。

8番アイアンでグリーン奥10ヤードが残り、下りの速いグリーンを読み過ぎて、1mショートしてしまいピンチ。入れればパーだが、外すして3パット、今日初めてのボギー。

15番ホール PER: 5

能勢カントリークラブ15番ホール攻略法

真っ直ぐな、上りのロングホール。ドラコン推奨ホール。左側はOB、ネットを越えると住宅なので注意して下さい。2打目以降は、上りのショットが続くため、表示以上の飛距離が必要となる。

ロングホールを意識して、普通に力まず打ち、セカンドもナイスショットで3打目残り60ヤードをグリーンオンして3オン2パットのパー。

16番ホール PER:5

能勢カントリークラブ16番攻略法

飛ばし屋なら、ティーショットが丘を越えれば、2オンも狙えるロングホール。グリーン手前にはスタイミーになる松とバンカーが、グリーン奥にもバンカーとOBが待ち受ける、安全に手前から3打目勝負で攻めるのが得策なホール。

ドラコンホールだが、力まず普通にショットして丘の上の打ちやすい斜面からセカンドを打ち、左サイドバンカーの右から3打目残り60ヤードをグリーンオンして2パットのパー。

17番ホール PER:4

能勢カントリークラブ17番ホール攻略法

左サイドはすべてOB、第1打が丘まで届かないとグリーンが見えない2打目が残る。グリーン左には深いバンカーとOBが、グリーン右手前にもバンカーが待ち受ける、難攻不落のミドルホール。

ここまで、なんと1アンダーのプレー。プレッシャーのかかった、難しいミドルホールのティショットは、右へ大きく曲げて、今日初めてのOBか~ と思いきや右サイドは、どこまで打ってもセーフ。

隣のホールからグリーンまで180ヤード、むりをせずに3打目が打てるところまで、6番アイアンを選択、3打目が上りの65ヤードを54度のウエッジを選択。

乗せることだけ考えて打ったボールがスピンが効いて右横1mにオン。なんと、難攻不落のミドルホールをドライバミスしたのにパーで上がれた(^O^)/

18番ホール PER:4

能勢カントリークラブ18番攻略法

第1打は160Y落下地点から下り坂となり、2打目は左足下がりのショットが残る。グリーン奥、左サイドはOB、グリーン右手前にもバンカーが待ち受けるホール。

ここまで、1アンダーと好調な出来できたから、ここはボギーでもパープレーを意識して「何としてもパーを」とは思わない。ティーショットはセンターの鉄塔狙ったところまでは覚えているが・・・。

そこまでは覚えているが、どうやって上がったか覚えてないくらい緊張していたかもしれない。ハーフ「36」で上がれた。

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村←参考になりましたら応援”ポチッ”と、よろしくお願いしますm(__)m

北遊会ゴルフコンペ順位表

能勢カントリークラブ アウトコースの攻め方

1番ホール PER:4

フェアウェイは広く感じるホールだが、右へ傾斜していて右バンカーが気になるホール、ティーショットの狙いは、フェアウェイ左サイドが狙い目です。

セカンドショットは、打ち上げ。すこし受けグリーンながらも打ち上げのためボールは止まりにくいので、グリーン手前から乗らなくてもヨセワンでパーが狙える位置がベストルートです。

ティーショットは、昼一番だが、ナイスショットが出て、残り120ヤードを上りを計算して8番アイアンで、ハーフショット。グリーン手前に残り、アプローチで手前1mに寄せてパー。

2番ホール PER:4

打ち上げのホールで、230ヤード地点から左へドックレッグのミドルホール。左斜面に打ち込んでしまうと、2打目でグリーンを狙えないと分かっていても右サイドがOBなので、左へ打ってしまうホール。フェアウェイセンターに向かって打つのが正解。

段差の大きい2段グリーンなので、ピンの位置で距離がかなり変わります。ピンの位置が奥になると手前から距離感が難しいです。下段グリーンの場合上につけると下りのパットは止まらない。どちらにしても難しいグリーンです。

ティショットは、ミスして左斜面へ、2打目をレイアップして3打目勝負に、残り40ヤードをショートして下のグリーンへ、上りをミスして結果4パットの「7」として今日イチの大叩き(^^;)

3番ホール PER:4

左山裾は斜面が続く左ドックレッグのミドルホール。ティーショットは左右OB、圧迫感を与えられる左山裾を、4番ティグランド奥の的に向かって打ちましょう。左を意識して左山へ打ち込むことが多いので注意。

セカンドは、無理してグリーンを狙うとグリーンから距離のある手前のバンカーにつかまりやすいので、3打目でピンを狙うのもありです。奥から手前に速い2段グリーン手前から攻めるようにしましょう。

ティーショットは、狙い通り左の的へナイスショット。残り狙える距離までユーティリティーでグリーン右へ外して58度のウエッジでピン手前1mを入れてパー。

4番ホール PER:3

高低差のある打ち下ろしのパー3、グリーンは左方向から右へ上りの横2段グリーン、使用クラブの選択が難しい。グリーン右手前のバンカー、グリーン左のグラスバンカーに注意してほしい。

8番アイアンで少し抑え気味に打ったボールは、少し引っかかって左のグリーンへ、ファーストパットを15ヤード残し上りを1mショートして入らず3パットのボギー。

5番ホール PER:5

ティーショット打ち下ろし、二打目からは打ち上げのロングホール。フェアウエイ右サイドにはドーナッツ形のバンカーが待ち受けているので、ティーショットを右斜面のラフに打つことが多い。2打目、3打目が打ち上げのショットとなるので、フェアウエイに置けるかどうかがパーオンできるかを左右するロングホール。

ティーショットは、バンカー左のフェアウエイ、最高の場所からユーティリティーでミスして左ラフへ、ティフトン芝にボールが沈み、アイアンで行くべきところを、ユーティリティーで打ち、チョロ(^^;)

4打目、残り170ヤードの打ち上げが残り、やけくそで、5番ウッドで打つとナイスショットでグリーンオン、4オン2パットのボギーで上がることができた。ラッキー

6番ホール PER:4

距離の短いミドルホールだが、ティーショットが左足下がりのライに止まると二打目に難しいショットが残る。ドライバーでグリーン手前のバンカー近くまで飛ばすか、5番ウッド、ユーティリティーで上の段からグリーンを狙うか、攻め方を決めてからティーショットをすること。グリーンは奥行きが少なく止めにくい。

ドライバーで右方向へ、ボールがなかなか見つからない、排水溝に捕まりドロップして残り60ヤードをグリーン奥のカラーへ、そこから2パットのパー。

7番ホール PER:5

距離の短いパー5で、ティーインググラウンドからグリーンまでの高低差があり、打ち上げのショットが続くまっすぐなホール。左右共にOBは無いが、隣接のホールに行くと大叩きしてしまう危険がある。

特に左足上がりからグリーンを狙うショットは注意が必要で、グリーン左に落とすと8番ホールのティーインググラウンド付近まで落ちて行くこともある。

ティーショットは、ナイスショットだが、昼からユーティリティーが当たらなくなった。ここでもミスして3打目もユーティリティーでグリーンを狙ったがグリーン右奥へ外して寄せきれずにボギー。

8番ホール PER:4

ティーショット右側ラフは傾斜がありOBになりやすいホール、左はOBすることはないが、林に入れば大トラブルに。グリーンまで打ち上げていて、おまけに、右手前には大きく深いバンカーが待ち受けている。ティーショットは、左狙いで攻めフェアウェイセンターからセカンドショットを打ちたい。それでも難易度の高いパー4だ。

ティーショットは、右フェアウエイに残り、セカンドの残りが打ち上げ160ヤード。ユーティリティーの5番と4番と悩んだが、大きめの4番を選択グリーン左へオン。20ヤード残して3パットのボギー。

9番ホール PER:3

池越えのフラットなパー3、グリーンが斜めにも横にも長くピンの位置によって距離の計算がむずかしい。ティーショットをショートすると、グリーン手前には深いバンカーが待ち受ける。

7番アイアンでショートしたくないとの思いが、少し引っかかって左グリーンのオン、ファーストパットは、下りのスライスラインが15ヤード残り1mに寄せてパー。

結果アウト「43」イン「36」グロス「79」HD「6」NET「73」で上がり、ベスグロの3位入賞となった。

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

宝塚高原ゴルフ シニアチャンピオン競技2017

シニアチャンピオン競技 宝塚高原ゴルフ倶楽部 2017年10月1日(予選)10月8日(1回戦)に参加しました。予選は7位(予選通過者:8人/17エントリ者)でやっと通過しましたが、残念ながら1回戦で敗退しました。自分自身の反省をこめてラウンド内容を再現してみます。

宝塚高原ゴルフのシニアチャンピオン競技は、インコースからのスタートです。クラブチャンピオン競技本戦がアウトスタートですので、シニアはインコース10番からです。

インコースの10番は両サイドがOBで、狭いミドルホールですのでティーショットにかなりのプレッシャーがかかるホールです。打ち直しなんで、2発、3発OBすることは珍しくないです。

スタートホールには、後の組みや関係者が見守る中の「朝イチのショット」ですので、それは心臓がバクバクする中でのショットとなります。

シニアチャンピオン競技は、黄色マークですが、青(フルバック)とそんなに変わりませんです。後ろからだと狭いホールがよけい狭く感じます。

飛ぶ人は、ユーティリティーやアイアンでティショットされる人もいますが、私は67歳、ドライバーでも飛距離が足りないのに逃げていては、とても勝てませんです。

今回のシニアチャンピオン競技で予選通過するための目標は、「振り切ること」「楽しむこと」「リズムを忘れないこと」の3つをかかげてラウンドすることにしました。

が、ほとんどできませんでした(^^;)

宝塚高原ゴルフ シニアチャンピオン競技 予選

インコースのよたよた、へなへなのラウンド模様(笑)

スタート10番ホールは、1パットのパーで嬉しい出だしでしたが、11番から13番までは連続ボギー。14番でパーを取り気持ちが落ち着いたところで、15番で予期せぬ右OBが・・・。

15番16番17番で連続ダブルボギー

15番は、狭いホールではないのですが「なぜか苦手なホール」になっていて、案の定右OBでした。よく左の木に当てて大叩きしたイメージから出たショットでした。打ち直してパーで上がれ(OBパーの「6」)たのはいいのですが・・・。

上がり3ホールの16番ショートホールで左バンカーへ、パットでパー狙いが打ち過ぎてダブルボギーにしてしまいました。

17番は、ティーショットも2打もナイスショット、グリーオーバーして逆目のアプローチをミスしてダブルボギー。18番はパーとしたものの15番、16番17番のダブルボギーがあり、結果「45」。

予選通過ギリギリのところで、インコースを終え、アウトコースは、安全圏にするなら「40~41」ぎりぎりで「42」と予想しました。

後半アウトもヨレヨレのラウンド

アウトコーススタート1番をパーで上がったものの、2番3番4番とボギーと+「3」。アウトは6番、8番はパーを取るのが難しいホールなんで、残りの5ホール(5番~9番)で+「3」で上がるには、5番、7番、9番の3ホールで2つのパーがいる。

そう計算してしまうのが悪い癖なんでしょうか?

結果がが思うように行かないと予選通過ラインが気になりプレッシャーがかかります。

じぶんからプレッシャーをかけて自滅のパターンです(笑)

案の定、5番ティーショットミス、おまけに3パットのダブルボギーでここまで+「5」

6番ボギーと残りの3ホールを残して、+「6」予選通過ラインギリギリ(^^;)

まだ諦めない

7番パー、8番ボギー、9番をパーで上がれば「43」なら少しの可能性も・・・。

と上がりの3ホールを「なんとか⁺1」であがり結果を待つことに。

たぶんダメだろうとお風呂へ

「結果をみて帰ろう」と掲示板を見ると「88」が3人の同スコアー。6人が決まっていて、3人の順位を「マッチング方式」で決めている最中でした。

マッチング方式とは、バック9(10~18番)のスコアにより決定されるものです。宝塚高原ゴルフのシニアチャンピオン競技の場合は、インスタートなんで、アウトコース「43」の2人が決まりました。

マッチング方式で7位に滑りこみセーフ

7位8位の順位が同スコアでしたので、13~18番の6ホールさらに同スコアの場合は16~18番の3ホールさらに同スコアの場合は18番のスコアにより決定されました。

——————————————————————————————————————————–

マッチプレー1回戦敗退を終わって思うこと

——————————————————————————————————————————–
宝塚高原ゴルフ シニアチャンピオン競技 1回戦

18ホールまで決まらない接戦に惜敗

同スコアーでも7位に入り予選通過して予選2位のTさんと昨年の決勝戦の相手と決まりました。相手のTさんとは、いつも練習ラウンドでお世話になっていて飛距離もパターも上手な人です。

「勝ちたいというより、いい試合をしたい」18ホール目まで対できていたのに、最終ホールで決着が決まって負けて・・・・。

だから勝てないのだ

と思いました。

やはり、スポーツは勝つために練習するのだし、いい試合だったのは「後の結果」であってプレー中に「いい試合をしたい」と思っている間は、勝てないのだな~と深い反省です。

勝ちたい気持ちから負けている自分がいる。勝っても、負けても帰るときは「同じ料金を支払うのだから」「楽しまなければ損」だ。(それも否定しないが(笑))

「いい試合をして楽しもう」とか「しょせん祭りだからね~」とか言って自分の勝負をさける弱いところが、マッチプレーに弱い性格かと・・・。

勝つために精一杯の力を全力で出しきる強い気持ちがなければチャンピオンなんてなれるわけないですよね~。

その気持ちがないなら、もう出ないほうがいい。気持ちで負けている自分に弱さを感じています。

やはり、その気持ちになるには

「正確なスイング」

「強気なパット」

「安定したアプローチ」

を目指して日々努力することで、精神的にも強くなれるのではないか とそう思います。

67歳まだまだノビシロはあると思っています。70歳までは、競技ゴルフを続けていき、あとはその時に考えることとして、もう少し上を目指して頑張ろうと気持ちを入れ替えています。

負けた翌日ゴルフダイジェスト10月号を見ていて、2016年の神奈川アマチアゴルフ選手権シニアの部で優勝された方が阪田哲夫さんから教えられた言葉を紹介されていました。

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「勝とうと思わずに勝てる試合はないよ」

「勝つんだ」という強い気持ちがなければ、試合には勝てないんだと教えてもらいました。結果はどうであれ、その気持ちで試合に臨むことがなければ競技ゴルフは出る資格がないと自分の心の弱さに反省しています(^^;)

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村←参考になりましたら応援”ポチッ”と、よろしくお願いしますm(__)m

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

GDOお勧めゴルフ場キャンペーン特集>>>>>>

アプローチ 練習方法

アプローチとパター練習の効果が出て優勝

高槻ゴルフクラブにて開催(2017/09/29)された第95回北遊会ゴルフコンペでアウト「38」イン「35」グロス「73」HD「9」NET「64」でベスグロ優勝できました。

アウトはショットが良くないながらも入れごろ外しごろのパターが入り5番までパープレー、6番、7番、9番でボギーの3オーバー38、パター数16。インコースは、10番で3パットしましたが、4ホールで1パット、パット数が15でした。

アプローチショットの打ち方

アプローチ 練習方法

アプローチショットの打ち方

私のアプローチの打ち方の基本は、転がす打ち方と上げる打ち方の2種類です。ほとんど「58度ウエッジ」で「手首を使わない打ち方」と「手首を使う打ち方」の2パターンです。

アプローチ 練習方法

アプローチの練習方法は、自宅での練習方法、アプローチ練習場でマットを使った練習方法、練習場の芝での練習方法と3つの練習方法をしています。

自宅で練習する環境を作れば、毎日できます。大きな庭がなくてもアプローチやパターなら狭い庭でも自分の部屋でもできますから自宅での練習は、絶対に上達を保証します。(毎日5分~15分)

私は、北側のベランダにアプローチ練習(写真)と自分の部屋にパター練習(1m~1.5m)ができる環境を作っています。まずは、環境を整えることは大事ですよ。

アプローチ練習場のマットを使った練習

アプローチ練習場(吹田ゴルフ場)では、マットの上からですが、30ヤードのアプローチ練習場を利用しています。90分で800円ですから、バンカーも使えてリーズナブルなアプローチ練習場です。

吹田ゴルフ アプローチ練習場

吹田ゴルフのアプローチ練習場は、30ヤードのアプローチ専用打席とバンカー練習場(2人限定)とパター練習場があります。パター練習場はグリーンが重くて距離感の練習には向いていません。

マットでランニングアプローチの練習注意点

アプローチの練習法としての基本は、マットの上でのランニングアプローチの練習で気を付けていることは、「クリーンにボールを直接打つ」ということです。マットとクラブがこすれる音がしないように打ちます。

この打ち方で、10歩、20歩、25歩の位置そして時々は、30ヤードの看板の位置まで打ちます。58度のフェースを立てて転がる打ち方ですから、正確なランニングアプローチではありませんです。

上げて転がらないアプローチの打ち方

ロブショットは難しいといいますが、小さなスイングでは難しくありません。私は、自分の歩測で10歩の位置に落とす打ち方を基準にして上げて転がらないショットの練習を基本としています。

自宅で5ヤード以内の練習ができますので、アプローチ練習場での基本的な練習は、ランニングアプローチと同じように10歩、20歩、25歩の位置にボールを落とす練習です。このアプローチの打ち方を黙々と練習しています。

コックを使っての上げるアプローチ練習していると、たまに「シャンク」がでますので、どういうときにシャンクがでるのかが分かります。シャンクで怖いのは一度出ると続けて出るのではないかと怖がって打てなくなることです。

アプローチ練習場でよく練習していると、こういっシャンクへの恐怖感がなくなってきます。アドレスより手が前に出た時にシャンクはでます。アウトに振っても、インに振っても原理は同じですからね。

アプローチを芝の上から打てる練習場

アプローチ練習場 つるやゴルフ場 

アプローチを芝の上から練習できる練習場は、大阪や東京など大都会では聞いたことありませんです。ゴルフコースでもアプローチ練習場があるとことは、限られていますよね~。

ゴルフ場のアプローチ練習場があったとしても、毎日のように利用できるわけではありません。月に1回から2回のラウンドしかできない一般ゴルファーには、無理です。

私が利用している、芝の上からアプローチ練習ができる練習場は、大阪市のつるやゴルフ練習場です。以前は、神崎川ゴルフ練習場でしたが、現在は、「つるやゴルフ」さんが運営しています。

つるやゴルフ練習場には、270ヤード(実際は200ヤード付近)の距離表示がある打球練習場と9ホールのショートコースがあります。そのショートコースの敷地内に「芝の上から打てるアプローチ練習場」とバンカー練習ができるスペースがあります。

バンカー練習は、ネットの中なんで、私は利用しません。つるやゴルフ、ショートコース内にあるアプローチ練習場は、予約が必要です。つるやゴルフ場のフロントへ電話すると、繋いでくれます。利用料金は、なんと1時間で300円です。こんなに安くて芝から打てるなんて、利用しない手はないです。

グリーンも早くボールを落としてからの転がりを見れますし、最高のアプローチ練習場です。私の知る限り大阪市内では、芝から打てるアプローチ練習場は、ここしか知りません。

私がこの練習場を知らなかったら60歳からシングルプレーヤーになることはなかったかもしれません。それくらい、ここのアプローチ練習場は、素晴らしいです。芝から打てるのですから(^O^)/

パター練習は、自宅と江坂ゴルフ練習場

江坂ゴルフセンター パター練習場

アプローチとパター数は相乗効果がハッキリしています。アプローチで1ピン以内に寄せることができれば、1パットで入る確率がぐ~んとあがります。

アプローチショットの打ち方

アプローチが良ければ、1パットが増えることだけでなく、3パットが減ります。スコアメイクの最大の良薬は、「アプローチとパター」にあることを早く知った人がゴルフの上達の早道を知ったことになるのです。

ゴルフでの第1打が大切なことは、誰でも分かりますが、「アプローチとパターの重要性に、いつ気が付くか!」というのは本当に大切で重要なことです。

ショートホールの攻略法

宝塚高原ゴルフ9月の月例競技で、16番210ヤード打ち下ろしのショートホールで「7」を叩きました(^^;) 左OB、打ち直した3打目がバンカーへ。バンカーからの4打目がオーバーして、5オン2パットの「7」。

ショートホールの攻略ショートホールの攻め方は重要です。18ホールのうち4ホールがショートホールです。シングルプレーヤーとなれば、悪くてもこの4ホールを+2では上がりたいです。

ところが、今回の月例競技では、パー:1 ボギー:2 +4:1 とトータル「+7」もしてしまいスコアーになりませんよね~(^^;)

ショートホールの攻略に失敗:ラウンド解説

結果アウト「41 イン「44」 グロス「85」 hd:8 ネット「77」 41位/100人 と残念な結果となりました。ラウンド後の反省としては下記にまとめてみました。

アウトは、パー:4 ボギー:5 となんとなく無難に乗り切っているようですが、ショートホールで2つのボギーと4番のロングホール3打目をミスしてのボギーと取りこぼしをした残念な「41」。

インコースも14番までは、+3 15番で3パットして上がり3ホールを残して+「4」。ここから踏ん張って残り3ホールを最低でも+1で上がっても「41か~」と思っていた・・心の動揺が・・・。

臨んだ16番のショートホールで痛恨の左OB。その後がいけないわ~。打ち直しで乗れば、ダブルボギーもあるのですが、バンカー失敗で、トリプルボギーにもならない、それ以上叩いてしまい+4。

トリプルボギー以上は何て呼ぶんですかね~?

10年くらい叩いてないので、わかりませんです。

調べてみました。「トリプルボギー以上の打数でホールアウトした場合は名称がありません。スコア数値またはパーの+4打、+5打のように数えます」とのことです。

15番の3パットのボギーの余韻を引きずってたように思いますね~。ゴルフはメンタルに左右されること「分かっちゃいるけど・・・・・」

ですね~

忘れて、目の前の1打に集中することが出来れば、トータルで2~3打は、良くなると思うのですが、それができないのが今の実力です。ショット、アプローチ、パターと実力を付けていく以外にメンタルも強くなる。

そう思って、また練習するのみです!

ショートホール 攻略法

シニアに合うドライバーはネクスジェン6

ヤマハインプレスud 2評価ですが、まだ2ラウンドですので確定の評価ではないですが、ヤマハインプレスud 2評判を聞いていたのですが、友人が手放すという情報を聞き、月例前の週に、試打をしてみました。

夏場ということもあり、ゴルフ場も空いているので、ティーショットを時々2回打ち、自分のドライバー(ネクスジェン6 )と距離の比較をしてみました。

ヤマハインプレスud 2評価,試打

アウト3ホール、イン3ホールで試打した結果、距離は、いずれもヤマハインプレスud 2の方が出ていました。

前月に購入して、いい結果を出している「ネクスジェン6よりいいのでは?」と欲しくなり2万5000円で譲って頂きました。

その結果、ヤマハインプレスud2を使った月例結果は?

ミスショットの連続でした~(^^;)

ヤマハインプレスud2を譲ってもらった友人との同伴プレーでした。なぜか、いいショットを打たなくては・・・・と 変なプレッシャーがあったのか?

宝塚高原ゴルフ月例 8月

1番ホール:左へ引っ掛けてOBすれすれの木の下から出すだけ、3打目を右バンカーへ入れて4オン2パットのダブルボギーのスタート

4番ホール:左へ引っ張り気味のそう悪くないショットだが、前方の木が邪魔になり、6番アイアンで木の下へ低いボールを打ち、3打目残り120ヤード。

ここを乗せればなんてことないはずが、左バンカーへミスショット、左足下がりのスタンスが取れないところへボールが、チョロして5オンはナイス1mを沈めれば、ボギーのところを・・・。

なんと、そこから3パットして「8」

6番ホール:左の木が邪魔になるホールで案の定、木が邪魔になり、左方向へ6番アイアンで、3打目が70ヤード、乗せればなんてことないのに、手前20ヤードショートしてダブルボギー。

アウトは、この3ホールで+「7」

ミスの原因は、ティーショットさえミスしなければ起きなかった

11番:左へOB オービーパーのダブルボギー。

15番:いつも流れが悪くなるとミスするホール、で案の定左へ引っ掛けて1番と同じミス。ラフからUT5でチョロ。3打目グリーン手前、寄せきれずに4オンパットの「6」(スコアー申告も間違いの「7」にしている(^^;)

インは、この2ホールで+「5」 (実際は、+「4」申告間違いだと気付く)

朝出る時から、どちらのドライバーを使うか迷っていて、朝の練習で両方使って見るか迷った末、試し打ちのつもりで「ヤマハインプレスud 2試打することで判断して上での月例の結果は「さんざんな目」にあいました。

どんなクラブでもある程度のショットは、できるだろう という自分の驕りから大失敗をしてように思います。

月例で試打するなんて無謀でした(^^;)

自分のエースドライバーを使用していても同じようなミスをしたかも分かりませんが、もう少し練習で使用してから、試合で使えばこんなことにはならなかったと・・

大反省した、8月の月例結果でした(^^;)

ネクスジェン6ドライバー競技報告はコチラ>>>>>>>

nexgen6 ドライバーの評判は、口コミでの評判通り私のエースドライバーになりました。開場53周年記念大会にネクスジェンドライバーでOBゼロ、飛距離アップは嬉しい。

アウト40、イン38グロス78のいいスコアーでラウンドできましたが、ハンディー「4.8」と恵まれずに、NET「73.2」で33位/158人でした。

スコアカードに標してある×を見てもらうと分かると思いますが、ドライバーでのティーショットのミスが17番までありませんでした。

ミスショットホールのラウンド分析

開場記念杯-2

アウトコースでのミス

3番:右へショートして、上りのアプローチを2m 入らずにボギー

4番:ドライバー、セカンドもgoodショット、3打目残り60ヤード(左足上がり)左バンカーへミスしてボギー

6番:長いミドルホール、ティーショットは完璧、セカンド170ヤードを左バンカーへ、ボギー

8番:長いミドルホールなんで、パーオンは無理なんで、このホールのボギーは計算通り

ボギー4 「40」

課題としては、左足上がりのショットのミスが克服できていないこと。練習の課題に・・・。

インコースでのミス

12番:左のカラーから15ヤードのファーストパットが2mオーバー外してボギー

13番:ロングホールセカンドを左へ引っ掛けて土手から3オン狙えずにフェアウエイに出すだけ、4オン2パットのボギー

15番:苦手のホールだが、ティショットは、完璧、セカンド、左足上がり残り140ヤードを左へミスしてボギー

17番:ティショットのミス、右ラフへ、沈んだボールを5wで無理してチョロ、残り3Uでグリーン左へ、寄せてボギー

アウトと同じようなミスを4回したものの、2つのバーディーがあり「38」で上がれた。

ラウンドの反省と分析結果

ティーショットが良くなったが、セカンドやサードのパーオン狙いのショットのミスが課題。その後のリカバリーの技術もアップしていけば、もう少しレベルUPできるように思う。

7月のキャプテン杯で予選落ちしてから、思い切ってドライバーをネクスジェン6に変えたことでドライバーショットの安定と飛距離アップしたことで、スコアーが安定してきたように思う。

もう一つは、アプローチとパター練習の効果が出てきている。ここ数回のラウンドでのパター数が「30~32」と良くなってきているのも安定していることの要因かな(^^♪

開場記念杯1

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

90切るドライバーランキング2017





saidoprofi
ライザップゴルフ 体験

YAHOO TOTO


ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加