ゴルフ競技成績

nexgen6 ドライバーは評判通りだった! アサヒビール杯 35 41/76でベスグロ

nexgen6 ドライバーは評判通りでした。アサヒビール杯(高槻ゴルフクラブ)でアウト「35 」イン「41」グロス「76」。ダブルぺリア方式での競技会でしたので、ハンディーキャップには恵まれなく12位でしたが、ベスグロでした。

高槻ゴルフクラブ アサヒビール杯

アウト35は、2バーディー、2ボギー。6番のショートホールの3パット以外は完璧に近いゴルフでした。インコースは、5番の4パットと7番のドライバー左へのミスでワンペナルティー、3打目チョロ、4打目ミス、5オン2パットのトリプルボギーの2か所が残念。

nexgen6 ドライバー 試打・評価

nexgen6 ドライバー 試打したのは、兵庫県のチボリゴルフセンター内のゴルフパートナー宝塚チボリゴルフセンター店です。友人の紹介されて行きました。

飛距離を確認するために2階席の真ん中の席で、自分のクラブせで体ならして、ほぐれてから店の中へ入ると早速店員の方とリサーチしました。

最初からnexgen6 ドライバーの試打が目的でしたので、他のクラブは振り向きもせずにnexgen6 ドライバーの特徴とかシャフトの効果などを説明を受けた後、レンタルしました。

レンタルの条件は、ゴルフパートナーのポイントカードメンバーに入会するのが条件です。住所と名前、電話番号を記入して会員になりました。

1発目から正面のネット中断へナイスショット。2発、3発と打っても曲がらない、なんじゃこりゃ~ 今のクラブも結構、気に入っているのですが、「もっといい」そう感じました。

試打用のクラブと購入クラブの違いはあるのか、そのへんも少し心配でしたが、翌日の練習場でも問題なくグッドショットの連続でしたので、後はコースでどうか?

nexgen6 ドライバー を購入してから初めての競技会

nexgen6 ドライバー を購入してから初めての競技会【アサヒビール杯2017/07/21(高槻ゴルフクラブ)】でしたが、その評価は、評判通りでした。

私のnexgen6 ドライバーの感想ですが、「ミスの少ない、曲がらないドライバーでありながら、よく飛ぶ」というお勧めのクラブです(^O^)/

nexgen6 ドライバー シャフト

nexgen6 ドライバーのシャフトは、E.I.Fシャフトを標準装備していて超手元調子だからプロのようにシャフトが使えるそうだ。

一般的にはシャフト先端から400mm前後に調子を設定されていて、1センチ強の範囲内で「先・中・元調子」が作られています。

nexgen6 ドライバー 口コミ

「E.I.F」は、”超手元”に設定し、「アマでもたわみが使える設定としている」ということです。私もその説明を聞いてから試打したのですが、「本当に曲がらない、今までのドライバーより飛ぶ」ので速、購入しました。

購入したものの、本番のコースで「どうか」いうのは不安でしたが、何の心配もいりませんでした。1番ホールからグッドショットの連続で飛距離も出るので、ロングホールでいきなりのバーディースタートでした。

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

宝塚高原ゴルフ場 キャプテン杯2017

宝塚高原ゴルフクラブにてキャプテン杯(2017/07/02)(予選)に参加しました。アウト43・イン43 グロス「86」HD「8] NET「78」見事に予選落ちでした(^^;)

1番短いミドルホールをバーディーと「今日はいける」と思えず、なんか「イヤナ予感」を感じてしまうくらい、最近のゴルフに自信がもてないのも珍しいことです。

案の定、自分でプレッシャーをかけ過ぎて結果予選落ちでしたが、これがまた「全然悔しくない」のです。困ったものです。今回のゴルフを分析してみます。

キャプテン杯(予選)の目標

1.リズムを意識したスイングをしよう
2.ダブルボギーを叩かないゴルフにこころがける

シンプルに、ボギーはいい。「普通のゴルフができれば、予選は通過できるはず」とあまり意気込まずに楽しんでできればいいな~と思いラウンドを心がけました。

予選落ちの原因=4ホールのダブルボギー

宝塚高原ゴルフ 2017キャプテン杯

ティショットミス2ホールANDバンカーショットミス2ホール

4番ロングホール:3打目上りの110ヤードを左バンカーへ(前下がりの難しいバンカーショット)大きめに打った4打目がグリーンオーバー、寄せきれずにダブルボギー。

9番ロングホール:ここをパーで上がれば「41」。ティーショットの場所が右よりにありドローボールの僕には嫌な位置でした。

左のバンカーを嫌い右側の山沿いを狙ったショットが木に当たり70ヤードのラフにとまる。ここからも左側のOBゾーンを嫌がり、6番アイアンでレイアップを狙ったショットが・・・

またもやチョロ

そこから3番ウッドでミスショット

4打目はナイスショットしたものの、グリーンまで50ヤード残る

5オン2パットのダブルボギー。

アウト:43

インコース41で上がれば予選通過できるはず、42でも大丈夫だろうとまだ余裕がありました。結果ダブルボギーを2ホールで「43」を打つことに。

狭い10番・11番・12番を無難に「+2」で乗り切り、苦手な13番ロングホール

ティーショット、セカンドは、8割 満足なショット。3打目を右バンカーへ、このバンカーのボールの位置が悪い。前下がりのショット、そしてグリーンからホールの位置が手前。

少し厚く入ったウエッジがバンカーの淵へあたり、元の場所まで戻ることに。

5オン2パットのダブルボギー。

14番パーとして、ここまで+4

15番~18番までの4ホールを+「2」以下で上がれば、ぎりぎり予選通過できるのではないか・・。

そう思い15番のティーグランドでは、「できるだけ飛ばしたい」

後で思うと、その力みがティーショットを左へ引っかけて、木に当たりOBとなってしまったのです。
打ち直しのボールは、いいショットだったのに(泣)

16番~18番の上がり3ホールを「+1」で上がっただけに、15番の痛恨のOBが悔やまれる結果に、ホールアウト後、結果を見ると・・・

2打足らずの予選落ちという結果になりました。

宝塚高原ゴルフ2017キャプテン杯成績表

不思議に、悔しさがないラウンド後でした。

なぜか?

自分の実力が「ない」ということが分かっていたからです。昨年の後半のゴルフが良くなり、ハーフ「42」では悔しいゴルフでした。

今年になって、シングルプレーヤーになれたのに、安全に「42」なら合格点と「気持ちが消極的な自分になっていました。

「42」「42」なら楽々予選通過や~

と、こんな気持ちだからダメだったように思います。シングルを目指していた自分は、今日こそ「ベストスコアー」「今日こそベストスコアー」と思っていたのを思い出しました。

ひとつの目標が達成されて、ハングリー精神にかけていたように思います。

70歳までは、まだステップアップできると思いますし、そのために自分に何が足りないのか・・・今月は、時間がたっぷりあるおで、目標と練習計画を練り直してみることにしました。

宝塚高原ゴルフ場のエントリーは コチラ>>>>>>>

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

ショートパットが入らない原因

ショートパットが入らない原因は技術より精神面を克服

ショートパットが入らないラウンドでした。「ショートパットが入らない原因は技術より精神面を克服することが重要」高槻ゴルフクラブ、シニアレディース競技(2017/05/30)に参加しました。アウト:41 イン:40 81 47位/69人

高槻ゴルフクラブ アウトコース

ショットは、久しぶりに好調でした。今回は、「どんなドライバー」でも飛ぶ2017年NEWボールNO1の「テーラメイドTP5X」を使用したことで、飛距離は最高に出て気持ちのいいショットの連続。

ところが、1mくらいのパットを外すこと5回、こんなに外すことは初めてだったです。入らない原因を分析してみると、最初に気づくことは「強く打ててない」流し込むようなパターになったいた。

高槻ゴルフクラブ インコース

どうして、そうなったのか? 原因は 先日(2017/05/28)の月例でのことです。

「ボールを見ずに、カップを見て打つ」

これでショートパットが全て入ったのです。

けど、見ずに打つということは、結構プレッシャーがかかるのです。

そこで、今回の打ち方を試してみたのです。

1.「カップを見て素振り」
2.そのイメージでボールを見て打つ

カップを見て打つことで、入れるモードが働き強めに打てる、それが、ボールを見ると「弱めにヒットしてしまう」

たぶん、そんなことだと思います。

最後まで、打ちきれずに、迷いながら、終わったショートパットの打ち方でした。

今回の競技で「ショートパットが入らない原因」は、打ち方に迷いがあったことで、強めにボールをヒットできなかったことが原因です。

ショートパットの練習法とは?

「パットイズマネー」といってプロゴルファーの場合は、パットが入らなければ、お金にならないということからこの言葉をよく使います。

アマチュアゴルファーでも上級者になればなるほど、パットの良し悪しがスコアーに左右されます。ショットはいいのにスコアーがまとまらないことは多々あります。

全てのホールでパーオンすれば、それなりのスコアーにはなるのですが、そんなことは不可能です。毎日ボールを打っている賞金ランキングベスト10のプロゴルファーでも、パーオン率は7割ですから、一般のゴルファーなら3割もありませんです。

ですから、アプローチで寄せて1m~2mのパットの打ち方を練習することが重要になります。練習していても、難しいショートパット。

プロの大会でも1m弱のパットを外して優勝できないケースは沢山みてきました。上級者になればなるほと、短いパットは「入れて当然」と思ってしまいます。

入れなければ、と自分でプレッシャーを与えてしまい、結果、信じられない距離をプロでも外してしまうのですから・・・。

強く打てる練習を、日頃からやってても外す

そういうものだと 諦めて

「外してはいけない」「入れなければならない」と思わずに「このラインにシッカリと打ちだそう」と結果を気にするより「目指すことに集中する」ことができるかどうかです。

ショートパットの苦手な人ほど「真面目な人」が多いみたいです。ある程度の「開き直りといい加減さ」が必要だとおもいますよ。

宮里藍さんみたいな、素晴らしいゴルファでも「イップス」に悩んでいるのですから、ゴルフは難しい・・・・。

だから 面白い と 楽しんで下さい!

それができることが、ショートパットが入らない大きな原因です!

技術的<精神的

だと思いますよ(^^)/

ショートパットを外さないパター選び

ゴルフラウンド日記

今月のゴルフラウンドは、月例競技が初めてとなっただけに反省の多いラウンドとなった。先月から家族の出来事等でラウンドを控えていたので仕方のないこととはいえゴルフは正直。

好調な出だしだと思いながらのラウンドでしたが、予期せぬホールで大きなミスが出てしまう結果となりました。アウト:43 イン:45 55位/100人

月例競技は、インコースからのスタート、13番まで2オーバーと久しぶりのラウンドにしては「まずまずのスタート」14番3パット(記入間違い)のボギーとしてから

15番のティーショットで集中してない・・・・。

左へ大きく「引っかけてしまう」林の中へ。セカンドショットはフェアウエイに出すだけ、4オン2パットのダブルボギー。

下手の人は我慢ができないのです!

ここで我慢すれば「大したもの」だが、16番210ヤードのショートホールで「右への痛恨のOB」打ち直しのボールは「バンカーへ」入りボギーOBの「6」。

17番をパーで上がったものの、易しい18番のセカンドをミスして4オン2パットのボギーとして、アウト「45」の不満足な結果でした。

ゴルフラウンド日記 スコアーカード

アウトコースは、1番300ヤードのサービスホールは、グリーン左からの寄せに失敗してボギースタート。パーが来たのは4番ロング。

ここまで、3オーバーでまだまだ巻き返しを狙える ところだが

5番ヒダリドックレックで無理をして左へOBを打ってしまい ガックリ

6番をボギーとし

上がり3ホールを頑張ってプラス1にしても、結果「43」。

ラウンド後の反省点としては、➊予期せぬOBが出てしまったこと。➋寄せワンがなかったこと。

ゴルフは、転がし中心のアプローチで!

今月は、上げるアプローチの練習を中心にして「転がし」の練習をしていなかったことを反省。なぜ転がしをしなかったのか?

砲台グリーンが多いので「上げて、転がす」「上げて、スピンをかける」ことのみが脳裏にあったように思う。

ラウンド数が少ないので、転がして寄せる確率の方が高いこと「忘れていた」ように思う。やはり、ゴルフは、転がし中心のアプローチで行くべきことを再確認したラウンドとなった。

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

高槻ゴルフクラブ アサヒビール杯商品

ピッチエンドランの打ち方で距離感に悩むラウンドでしたが、高槻ゴルフクラブ、アサヒビール杯でハンディーに恵まれて4位で、今シーズン2回目の商品ゲットでした。

昨年から今年にかけて、チップショットの練習をしてきましたが、冬芝でのアプローチはミスがつづき、やはり「ピッチエンドランの打ち方」で攻めるほうが確実だと実践してみました。

グリン周りにくると、今までやってきた「アプローチ練習」とこれからやろうとする「ピッチエンドランの打ち方」が頭をよぎり、中途半端な寄せになっていたように思いますわ~(^^;)

よらないと、1m~2mの難しいラインのパットが残り、今回のアサヒビール杯でのラウンドは、「42」「41」83 という良くない結果でした。

ゴルフはうまくいかなかったけど、ダブルぺリア方式の競技であったことでHD「12.2」をもらい、「4位」入賞で商品を頂くことができました(^O^)/

高槻ゴルフクラブ 2017アサヒビール杯

3パットしないパター!アウトコースで「42」も叩いた分析

3パットしないパター!アウトコースで「42」も叩いた分析

1番ロングホール:3オンしているのに「3パット」のボギー
7番ショート:2mのバーディーパットを狙い、1mオーバー「3パット」のバギー
8番ロングホール:3打目50ヤード右のくぼみを避けて左へ外して寄せきれずにボギー

インコース「41」を分析

10番~12番連続パーで気分のいい発信にもかかわらず、13番ショートでライバルのナイスショットを意識し過ぎて、このホールで「初の池ポチャ」を体験してダブルボギー。

14番:セカンドを左へオーバー、風の計算ができていないことから、アプローチがグリーンオーバーして4オン2パットのダブルボギーの連続。

17番:パーオンしているのに「3パット」のボギーは痛い。

こうしてみると、タラレバを許してもらえるなら(笑)

最低でも「-7」はいけたはず( ノД`)シクシク…

高槻ゴルフクラブ アサヒビール杯成績

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

ゴルフ 80台 パター練習方法 自宅

ゴルフ 80台を出すには

ゴルフで安定して80台を出せるようになるには、「還暦からシングルプレーヤー」を目指してきたから見えることですが、ドライバーショットの安定アプローチが上達することです。

ゴルフ80台はラウンド後の反省から見える練習方法とは?

ゴルフ80台の練習方法

宝塚高原ゴルフクラブのゴルフコンペ(2017/03/19)の私の成績から、ゴルフで80台出来なかったラウンド後の反省から見えてくる練習方法を提案したいと思います。

まずは、スコアーを見ながら失敗したホールを紹介しながら「何が悪かったのか」「どこを修正したらいいのか」その反省から見える練習方法を解析したいと思います。参考になればさいわいです。

1番・2番連続パーの出だしで気分よく3番のショートホールは得意なユーティリティーでティショットを打てるホールです。

そこで、まさかの谷へのトップボールでOB(^^;)

打ち直したボールはグリーンを捉えることができてOBしたもののダブルボギーで上がることができましたが、不覚の失敗です。

4番ロングホールのティショットは、正面の左の木をこすり150ヤードしか飛ばないドライバーショットのミスから始まり、3w(スプーン)のショットは残りが打ち上げ160ヤードまで・・。

得意の4Uでナイスショットすれば3オンも可能な状況、見事にダフッてチョロ、またチョロと打ち上げのショットのミスが連続して「8」の大叩き(^^;)

この2ホールで+「5」の失敗が響きアウト「45」

インコースでも13番ロングホールで、左へのOB、打ち直しは完璧なドライバーショットだけに悔やまれるOBとなり、ドライバーのミスからくる大叩きからくる連鎖のミス。

5打目をバンカーへ入れて、出ずに7オン2パットの「9」

なんと「「やってしまった~」

なんとか頑張ってきたけど、18番ホールの3打目をグリーンオーバーして寄せきれずにダブルボギーとしてしまし「ダブルボギー」。

ドライバーとアプローチにミスからくる「大叩き」によりアウト「45」イン「47」という久しぶりの90叩きの洗礼にあってしまい、悔しいラウンド報告になり、練習の見直しを考えています。

ラウンド後の分析をするとミスの内容が分かります⇩⇩⇩⇩⇩⇩

ゴルフ 80台 アプローチ

※ドライバーのミスとユーティリティーと58度のエッジのミスが目立ちます(^^;)

ゴルフ80台でラウンドするアプローチとマネージメント

安定して90を切るゴルフをするには、「安定したティーショット」と「大失敗しないアプローチ」を心がけて練習していれば、ほぼ解決できることです。

いかに失敗の連鎖を断ち切ること、メンタル面に左右されることが多いですよね~。そのためにはゴルフというスポーツのマネージメントをしっかりと持つことの重要性を深く感じます。

特に第1打のティーショットをミスした時は、欲張らずにボギーに徹するために、バンカーの位置やピンポジション等のコースレイアウトや自分のショットの悪い癖がでないように無理をしないことです。

第1打をミスしたら、「必死にボギーねらい」取り返してパーを狙うと大怪我に合います。第1打をOBしたら、気を取り直して「ダブルボギー」で上がれるように粘りのゴルフで諦めないこと。

ゴルフ80台を安定するにはゴルフクラブのセッティングを考える

ゴルフの上級者ほど、ゴルフクラブやボールに拘りがあります。ゴルフほど道具によって左右されるスポーツはありません。

持つクラブの本数も14本と限られていますが、自分に合った物を探し出すことも「ゴルフで安定して80台を出す」には重要で大切なことです。

160ヤードから180ヤードを得意にするには、一般的にはアイアンが得意ならUTでドライバーが得意ならFWと言われていますが、自分自身の得意な方を選択するのがいいです。

私はドライバーが得意なのですが、フェアウェイウッドよりもUTを3本(19度・22度25度)を入れてからバックティーからのラウンドする競技にも出れるようになりましたよ。

ゴルフ 80台 パター練習方法 自宅

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

高槻ゴルフクラブ バトルマッチゲーム

今シーズンの初めてのゴルフ競技は、高槻ゴルフクラブの「バトルマッチゲーム 予選」に参加してきました。どんな競技なのか分からないまま予選通過を狙いましたが、アウト「43」イン「40」「83」予選落ちでした。

インコースからのスタートで10番・11番・12番パー、13番はロングパットが決まりバーディーと素晴らしいスタートとなりました。

高槻ゴルフクラブ14番ホール

ところが

14番右サイド池のあるミドルホールで左へ痛恨のOBでした。打ち直しのボールはナイスショットでセカンドもグリーン手前にオンして2パットならダブルボギー。

3パットのトリプルボギー(^^;)

15番ショートホールをボギーとしたけど、まだまだいけると思い

上がりの3ホールをすべてパー狙いが

パー、ボギー、ボギー で結局「40」

アウトコース1番・2番・3番と連続パーであがり、ショットも好調でした。

高槻ゴルフクラブ4番ホール

が・・・

4番 3Wでのティーショットが右へプッシュ気味になりOBとなり、「8」予選通過するには残りを2アンダー・・・無理です。

終わりました~(^^;)

5番・6番とパー、7番ダブルボギー、8番パー、9番セカンドを奥へオーバーさせてダブルボギー。と結果「43」でホールアウト。

今シーズンの最初の競技は、ショットは良かったけど、ちょっとした油断から、思いもしないOBが2つも出てしまいました。それ以外のショットが良かっただけに悔やまれる14番と4番のティーショットでした。

安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る

バンカーショットの打ち方 柔かい砂と硬い砂 画像

バンカーショットの打ち方 硬い砂と軟かい砂で、ラストコール杯での失敗体験から「バンカーショットの打ち方」をステップアップしたいと思う人にいい話です。

バンカーショットの打ち方宝塚高原ゴルフクラブでは、バンカーの砂質が変わりました。すべてのホールで白い軟かライ砂になっています。

今までは「硬い砂」が多くてクラブが弾かれてトップしたりザックリ(^^;)

柔らかい砂になってから雨が降ると重くなり1回で出なかったことを体験した記憶がありました。

砂を薄くとるようなスイングを心がけてのショットでしたが、ことごとく3回もホームランをしでかしました(笑)

硬い砂からのバンカーショット

雨が降った後など、砂がしまって硬くなっている場合のバンカーショットをネットで検索してみました。「砂の硬さをチェックまずスタンスする際に砂の硬さを足の裏で確かめます。砂が硬いな~と思ったらこの打ち方です。つづき【硬い砂の場合】 “目玉焼き”を小さめに!

やわらかい砂からのバンカーショット

次は、柔かい(やわらかく)てふかふかの砂からのバンカーショットです。足場を固めて砂質をチェックして、最初にスイング中にバランスを崩さないよう、しっかりと足場を固めると同時に、砂のやわらかさもチェックしましょう。つづきバンカーで何打損していますか?

宝塚高原ゴルフ ラストコール杯 ラウンド内容

バンカーショットの打ち方 硬い砂

2016年最後の競技(2016/12/18)ということで優勝を狙ってのラウンドは、インコースから10番2オン2パットのパースタート11番ボギー、12番パーと最初の3ホールを「+1」といい出だしでした。

13番ロングホールは、ティショット、セカンドショットは完璧、3打目7番アイアンで右へプッシュして右バンカーへ、ここからトップしてホームラン。あわやOBかと、グラスバンカーから5オン2パットのダブルボギー。

14番パー、15番パー、中盤の3ホールを「+2」と踏ん張り、上がり3ホールへ。

16番、17番ボギーとして18番パーで上がり「41」として昼からの出来次第では3位入賞も狙える位置に。

アウトコース1番でセカンドをオーバーさせて奥のグリーンから薄く打ち過ぎてオーバー、4打目を寄せて1パットのボギーとしたけど、易しい1番だけにもったいない。

難しい2番ボギー、3番もボギーと最初の3ホールを「+3」として、焦り気味(笑)

4番パー、5番のボギーが入賞の分かれ目になってしまいましたね~。少し気落ちしたのか6番でダブルボギー(3パット)で完璧に「今日は駄目」になったのです。 中盤を終わって「+6」

7番ショートをパー、8番ボギー、9番パーと後半は思い通りのゴルフでしたがトータル「+7」の「43」、イン「41」hd10のNET「74」 12位/51人でした。

後で振り返れば、残念なホールが1番、6番、13番のバンカーミスで「-4」の「80」ではラウンドできた・・・と「タラレバ」の能書きを垂れる自分に「カ~ツ」ですね(笑)

バンカーショットの打ち方 硬い砂

ショートパットに強いパター04

「ショートパットに強いパターとロングパットの距離感」が良ければ、常に上位に行けます。宝塚高原ゴルフ12月の月例競技(2016/12/11)では、ロングパットの距離感の悪さから1m前後のショートパットでの明暗がでたラウンドになりました。

1パットで決められたホール(^^♪

1番:奥のバンカーから1mに付けて1パットのパー
8番:3打目50ヤードから1.5mにつけて 1パットのパー
12番:グリーン左外から1.5mに寄せてフックラインを沈めてパー
13番:ロングホール、グリーン手前からのアプローチがそのままカップインバーディ
17番:ティーショットOBして4打目を2mに4オン1パットを決めてOBバーディー

ショートパットに強いパター

ロングパットを寄せきれずに3パットのホール(^^;)

3番:グリーン右7ヤードからザックリして5mから3パットのダブルボギー
4番:パー5を7mのバーディーパットを1mもショートして3パットのボギー
7番:ショートホールピンまで8ヤードにオン。ファーストパットを1.5mオーバーボギー
11番:3オン3パットのダブルボギー
16番:グリン手前7mの1オン、1.5mオーバーさせて入らずボギー
18番:3打目をミス4打目もザックリ、5オン3パットの「8」

これだけ明暗のハッキリしたラウンドも珍しいです。せめて上がりの16番と18番をパーで上がれば「40」となり準優勝までいけたのに、残念な上がり3ホールになってしまいました(^^;)

ショートパットに強いパター31ラウンドのクラブ使用数を分析してみました。やはりパター数がダントツで「35回」ドライバー「14回」58度ウエッジとAW「14回」3ユーティリティー「8回」でした。

練習重点するクラブは「パター」「アプローチウエッジ」「ドライバー」「ユーティリティー」でいいことが分かりますよね~。

最近のゴルフはショットが安定してきているだけに「パターの占める割合」が大きく左右されるラウンドになっています。トータルのパット数ではアウト「18」イン「17」と普通なんですが、1パット数が多くとれた割りには3パットが「6回」と最悪でした。

タラレバはダメですが、3パットが2パットであれば、「-6打」も減り、最終ホールの「8」もあり得ないスコアーになっていた事でしょう(笑)

今日のラウンド3日前に購入したNEWパターを使って慣れてない性もあるかもですが、グリーンのタッチが合いませんでしたね~。スコッティキャメロン フューチュラ X7 シリーズ パターをつるや本店で購入しました。5万円表示価格プラス消費税54000円のところを47000円パターを購入しました。

自宅へ帰るってからネットで検索して「楽天」「AMAZON」「ヤフーショップ」の価格を調べてみると、なんと最安値は39,500円それも 395ポイント付いて 送料無料 で・・・(^^;)

ショートパットに強いパター
安定して90を切るゴルフ上達法へ 戻る
———————————————————————————————————————————–
ショートパットで検索されているゴルファーは、次の用語でも検索されています。「ショートパットに強いパター」「ショートパット 練習」「ショートパット 極意」「ショートパット 打ち方」「ショートパット パター」「ゴルフ ショートパット」「ショートパットのコツ」「ショートパットが入らない」「ショートパットを続けること」

パターの打ち方 距離感

パター数が「29」グロスが「78」で優勝

パターの打ち方 距離感の練習成果が出たラウンドでした。アウトのパター数が「15」インコース「14」でワンラウンドのパター数が「29」グロスが「78」で優勝(宝塚高原ゴルフ宝月会ゴルフコンペ)しました。

ゴルフでパターの打ち方を極めることが好スコアーに結びつくことがよ~く分かりました。アウトの1パットが4回インでも4回ですので、1ラウンドで「8回」の1パットでした。

アウトパット数:15
インパット数:14

ということは

その8回のパットが全て2パットであった場合のスコアーはプラス「8」となり、アウト「15⇒19」イン「14⇒18」となりスコアーは ↓

78→86

パター数で、こんなにスコアーが変わるということを知ることで練習内容を変えて「パター練習」「アプローチの練習」の比重を上げる必要があること。そして実行するかどうかですよね~。

「パターとアプローチ上達がシングルプレーヤーの近道である」と分かっていても、本当の実感はわかりませんでした。ここまでもスコアーに直結することを体験しました。

15ヤードを1発で沈めるような「ラッキーなパット」もありましたが、ラッキーだけではないと思います。この数カ月の練習内容にパター練習の比重を多くした結果なんです。

パター練習内容の変化

コースへは、1時間30分前に到着してパター練習を増やしています。特に3パットをしないために距離感の練習を15ヤードと10ヤードを時間をかけてやっています。

➊パター練習30分➡➋打球練習場30分➡➌パタ練習スタート前まで

パターの距離感の練習結果が、時には1パットで入る結果の確率を上げてくれたと思えるラウンドでした。ラウンドでの

3番:バンカーから2mの上りのラインを1パットのパー
6番:長いミドルホールを3オン、上りの3mを1パットのパー
7番:ショートホール1オン、下りの4mを1パットのバーディ
9番:ロングホール18ヤードを距離を合わせて打ったボールが入り1パットのバーディ
11番:OB打ち直しのボールをグリーン周りへ5オン、上り1.5mを1パットでOBパーの「6」
14番:2オンしたもののファーストパットが10ヤード、距離を合わせて打ったボールが入りバーディ
17番:長いミドルホール、上から2mを流し込みバーディ
18番:ロングホール3打目を左へ引っ掛けてアプローチで1mに寄せてパー

いいパットを沈めるためにもアプローチで打ちやすいところまで寄せることも重要です。でもそれを入れてこそ生きてきます。最後はパターが結果をまとめるのです。

1打2打のショットは「まぁまぁ~のショット」でもスコアーをまとめる「アプローチ」と「パター」は直接スコアーに影響すること「肝に銘じて置くこと」です!

ゴルフパターの打ち方

ミスしたホール

1番:セカンドをミスしてグリーン左へ2オンしたけど20ヤードから3パット
5番:セカンド残り110ヤードを9番アイアン(PW取りに行かずに)でグリーンオーバーのダブルボギー
10番:セカンド160ヤードから5Uでグリーンオーバー、2mに寄せたけど入らずにボギー
11番:ティーショットを左へOB、打ち直ししてOBパーのダブルボギー
12番:ティーショットミスしてグリーンオン出来ずにボギー
15番:セカンドグリーン奥へオーバーさせてボギー

グリーンオーバーのミスが多いのが反省です。クラブ選択の間違いが多いのか、寒くなって距離が出にくくなったと感じていて大きめのクラブ選択の結果です。イージーミスをなくせば、もっとノビシロはあると感じるゴルフでした。

あなたのゴルフをガラガラと変える➡スコアの70%はピンから120ヤード以内で打たれる-ジャックニコラウス

ゴルフパターの打ち方







saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加