ゴルフスイングの基本

ゴルフを最速で上達するにはプロゴルファーのインパクトの形を知ることで、自分のインパクトの形と比較することから始めて下さい。

ゴルフスイングは、どんなバックスイングをしようが、結果はボールにどう当てるかです。野球のようにレフトからセンターライトと広角ではないです。

センター前ヒットからセンターへホームランを打つ必要があります。ボールは止まっていて、どんな形でもいいから狙った方向へ打つ。

再現性の繰り返しができる形を作る必要があります。そのために必要なことは、インパクトの形が一定であることです。

プロゴルファーのインパクトの瞬間と手首の形

インパクトの瞬間の画像比較です。プロゴルファーのインパクトの瞬間の画像と一般ゴルファーのインパクトの瞬間を比較してみると理想のスイングの形が分かります。

インパクトの手首の形

インパクトの手首の形を見てみると、プロは手首に角度がついています。これは、どういうことかといいますと、「ハンドファースト」でボールを捉えている。

一般ゴルファーのインパクトの形を見てみると手首が伸びきっている場合がほとんどです。「ハンドファースト」になっていないです。

女子プロのインパクト比較
 

シニアゴルファー セッティング次第で上達する

【PR】
ゴルフ場の予約が混み合う「来月予約のねらい目」も「早めの予約でお得」な豪華賞品が当たるチャンス >>>>>>>>>

アドレスとインパクトの形を図解で見る!

アドレスとインパクトの形を図解で説明してみるとどこが違うか分かるでしょうか?手首が折れて「ハンドファースト」になるには何が違うのか。

このことが理論的に理解できれば、あなたのスイングの目指すところがハッキリとします。このことがゴルフスイングを基本から始めるスタートです。

アドレスとインパクトの形が違うのは、スイングの一連の流れを見ながら説明するほうが分かりやすいと思います。

インパクトの腰の見える位置

➀~➃の画像で説明

トップからスイングの開始が全てです。プロのインパクトの形を作るには、下半身の動きが出来なければ出来ません。

この下半身の動きを覚えることから始めると誰でもプロのようなスイングになります。なぜならないのかを説明しますね。

66歳10か月(2017年2月撮影)の私のスイング動画を切りぬいたがぞうです。➀~➃のスイングで、プロのスイングと一般アマチュアゴルファーの違いを解説。

「腰の回転」の差を比較

プロゴルファーの腰の位置は、私のスイングの➃のフォローのスイングで、「インパクト前」の形です。

腰の回転を使いきったところがインパクトですので「パワーが使われている」のです。私のインパクト後➂での腰の位置と比較すれば

腰の回転と腕の位置の時間差、プロと比較して「タメが少ない」です。

プロの下半身の使い方ができていないのです。この使い方を覚えるには、ボールを打つだけでは、絶対に出来ません。

間違ったスイングに陥りやすい練習とは?

腰を開いたままインパクトすると結果は、正しい下半身の動きなんですが、最初は「スライス」します。ゴルフスイングを初めてした時のことを思い出して下さい。

スライスが出る原因

プロ野球の選手がゴルフしているのをテレビで見たことありませんか?打者は下半身の動きを自然にバットスイングと同じように打ってしまいます。

必ずとスライスボールが出ます。それも「どスライスボール」です。プロ野球選手はヘッドが遅れるスイングが自然にできているのです。

ですから一般のゴルファーと比べても当たれば飛ぶし、曲がりも大きいのです。腰が開いてフェースが開いてボールに当たればスライスボールが出るのは普通のことです。

プロ野球選手でもできないから「無理だ!」と決めつけないで下さい。やることが分かれば、その練習方法さえ知れば誰でもできます。

スライスボールが出ても腰を使うこと

一般ゴルファーが自己流でゴルフの練習を始めた場合は、真面目な人ほど陥りやすい「真っすぐに飛ぶにはどう打つか」Tなります。

練習をやればやるほど、本来の基本のスイングから外れていくのです。「ボールを当てにいく打ち方」になります。

つまり、間違った練習になってしまうのが通常のアマチュアゴルファーです。正しい練習方法を教えてくれる上級者ゴルファーに恵まれていないのです。

曲がっていもいいから思い切り下半身の動きをを使ってリストも使って練習を続けた人こそ上達していくのです。

残念ながら、これができる人ほとんどいません。正しいスイングを覚えることより、真っすぐ曲げないボールを目指してしまうのです。

ゴルフを始めた最初に教えてくれた人に恵まれていない

ゴルフを始める時に、クラブを持ったことのない時から「ゴルフレッスンに行く人」はいません。ほとんどのゴルファーは、ある程度、ゴルフを経験してから習う。

レッスンプロの教え方

レッスンプロに教えてもらって2~3か月で上達した人、見たことありませんよね。習いにいっても結果は出ないの分かりますか?

ほとんどのゴルファーは、「悪いクセ」がついています。私のようにヒドイ状態になってからレッスンプロに習う人が多いのが現実です。

60歳からシングルを目指してインドアレッスン場へ通うようになる前の私のレッスン体験を紹介しますね。

吹田ゴルフセンター:6カ月
新大阪インドアゴルフレッスン:6カ月
江坂ゴルフセンター:1年
クローバーインドアゴルフ:6年

これだけのレッスンを受けてきたのに「プロのようなスイング」には慣れない理由を考えていました。

シニアゴルファー セッティング次第で上達する

【PR】
ゴルフ場の予約が混み合う「来月予約のねらい目」も「早めの予約でお得」な豪華賞品が当たるチャンス >>>>>>>>>

レッスンを受けるだけでは絶対に出来ない理由

・悪いクセを治す教え方はしない!
・ボールを打たないゴルフレッスンはしない!
・本気に上達させたいと思ってレッスンしていない!
・プロから見ればみんな初級者

悪いクセを治す教え方は、しません。スイングの動画を見せて「こう治しましょう」ということさえしないレッスンプロがほとんどです。

どんなレッスン場でも「ボールを打たないゴルフレッスン」を重要としているレッスン場はないです。ボールを打ってなんぼですから。

レッスンプロがボールを打たないで「素振りだけして下さい」なんて言えないですから。営業第一のレッスン内容になるのは当然です。

ボールを打って悪いクセが治ることはないのです!本当は、素振りで正しいスイングを治すことが重要なんですが・・。

週一のレッスンの間に「毎日素振りしてますか?」と聞くレッスンプロに出会ったことありますか?

あなたを本気に上達させたいと思ってレッスンされているとは思えません。最近、6年間教えて貰っているコーチに聞きました。

「本気でプロゴルファーのようなスイングを目指しているような人はいませんよ」との答えです。え~僕はそのつもりなんですけど・・・。

ほとんどのゴルファーは、「人並みに上達したらいい」と思ってレッスンに来ている人ばかりですから。

シングル級の上級者でも「教える立場のレッスンプロ」からみれば、みんな同じに見えているんだ~。と思いました。

ですから、レッスン習いに行っても「絶対にプロのようなスイングにはなれない」と確信しました瞬間でした。

最速でスイング作りの効果的な方法

6カ月間コース出ないで素振り中心の練習できますか?

6カ月間コース出ないで素振り中心の練習が出来れば、プロに近いスイングが出来て、必ずシングル以上に慣れる人です。

人と同じことしか出来ないなら「人並み」

本当に上達を望むなら、悪いクセを治して正しいスイングを体で覚えてから「ダンプ一杯」のボールを打つことで「プロのようなスイング」が完成します。

私もそうでしたが、ボールを打つ練習をすればするほ「ヘタを固める」練習をしていたことになります。もちろん、それでもある程度は上手くなれます。

しかし、自己流ですから平均スコアー85を切ることはありません。安定して100切りはできますが、シングル級のスコアーはでませんです。

シニアゴルファーが最短で上達する近道の画像

ゴルフ無料プレー券プレゼントの応募はコチラ

工事中

本当に上達したい人 コチラ
還暦からシングルになった練習方法をプレゼント!

還暦からゴルフスイングの基本を知る

ゴルフスイングの基本は重要です。大事ですが、じゃどれが基本なのか「色々あって」分からないことありませんか?

スイングの軸について、60歳からシングルを目指して、66歳でシングルになるまでの厚い壁をブチ破った体験を紹介します。

ゴルフスイングの基本|2軸の落とし穴

ゴルフ雑誌をみても「1軸か2軸」はゴルフ界では昔からあるひとつの論争でもあるのですからアマチュアゴルファーが悩むのも当然です。

プロゴルファーのスイングの動画を見てみると、当時の僕にはスイングをしているのは「2軸スイング」にしか見えませんでした。

野球のピッチャーのボールを投げる姿をイメージして見て下さい。ボールを振りかぶるときは、右足(右ピッチャー)を軸にして、ボールを投げる時には

左足を軸にして右手を振りますよね。右足の軸から左足の軸を使う「完璧な2軸」です。ゴルフのスイングもバックスイング~ダウンスイングで

右足から左足へと軸は2本が正解か?

定年後からシングルを目指してスイング改造を取り組んでいた時も迷うことなく「2軸を意識」してスイング練習をしていました。

真面目に努力すればするほど「2軸に拘るスイング」の落とし穴にハマっていきました。その結果がこのスイングです。

ゴルフスイングの基本 スエー画像

体重移動を意識してスイングすれば、このような間違いを起こしてしまう危険もあるのです。努力すれば上達するものでもないと気がつきました。

自分の姿が見えないゴルフスイングは、自分の思っている形と実際の形が違うのです。自分の動画の映像を見て気がつきました。

2つの軸を意識して「スエー」していることに気づく

2軸を意識し過ぎると体重移動が大きくなり過ぎて、クラブのヘッドが遅れてくるので手で合わせにいった結果がこのような姿勢です。

ゴルフスイングの基本 インパクト画像

右足の軸にのったままのスイング

その真逆が「1軸スイング」を意識しすぎると体重移動をしない「明治の大砲」といわれる右足の軸にのったままのスイングになります。

ゴルフスイングの基本 明治の大砲画像

一流のゴルファースイングは体重移動は必須

プロゴルファーだけでなく、上手なゴルファーは確実に体重移動しています。ただ違うのは、軸の範囲が棒ではなく、円筒状の太い軸なんですね。

その太い軸の中で体重移動をスムーズにするから2軸でも1本に見えるというのが正解です。このことに気づくまでに多くの時間を費やしました(-_-;)

「努力さえすれば上達する」だけでは間違いだと気付きました。しかし、努力したからこそ間違いに気づきました。

やってきたことが無意味だとも思いませんが、遠回りはしたかもしれませんが「だからこそ分かった時は嬉し」かったです。

どうやったら太い軸の中で体重移動ができるようになるのか、最短でできるようになる練習方法を調べました。

シニアゴルファー セッティング次第で上達する

【PR】
ゴルフ場の予約が混み合う「来月予約のねらい目」も「早めの予約でお得に」豪華賞品が当たるチャンス!

ゴルフスイングの基本を図解で見てみる

ゴルフスイングの基本 図解の画像

ゴルフスイングの基本を知るためには、自分のスイング画像を撮ってもらい真実の自分のスイングを知る必要があります。まずはそこからがスタートです。

ゴルフスイングの基本に戻り書籍やインターネットで検索したりYouTube動画を視聴したりした結果3つの練習方法を知りました。

べた足で練習する 韓国式練習 練習方法その➊

韓国の選手はべた足でスイングしています。すべての韓国選手ではないですが、子供の時からゴルフをやってる人は「べた足スイング」で習っているようです。

韓国のジュニア選手はべた足スイングが基本で、両足のかかとを付けたままボールを打つ練習をしているそうです。SK・ホー書籍より

オリンピックで金メダルをとったパク・インビ選手や日本で4回の賞金女王になったアン・ゾンジュ選手は有名です。

定年後にシングルを目指して練習を始めたが、2軸スイングを意識してスエーしているのに気づき、べた足で練習を開始しました。

ジャイロスイング 坂田信弘氏の練習方法とは 練習方法その➋

坂田プロによれば、ゴルフは高齢になればなるほど飛距離ががくんと落とすのには理由があるといいます。

それはなぜかといいますと、スイングが小手先のスイングになってしまうからだといいます。私が友人のスイングを見て思っていることですが、

高年齢になればなるほど、肩や体の筋肉が硬くなって「バックスイング」で肩の位置が高く上がらなくなっているようです。

体を柔らかくするようにストレッチとかするのも重要ですが、スイングを体の回転でするようにすることが最短で上達する練習方法だと思っています。

スイングの基本がスグに分かる練習方法プレゼント

悪い癖を治す2つの練習方法を紹介しました。私の基本の練習はこの2つですが、この練習方法を少しでも最短にできるようになる自宅で練習する方法があります。

練習方法は間違いではないですが、練習ではできても本番のコースに行くとプレッシャーのかかる、ここというところで、悪い癖がでます。

悪い癖を治すためには、練習場でボールを打つだけでは、絶対に治りません。これは自信をもって言えます。

60歳からシングルを目指して66歳で、やっとたどり着いたからこそ分かることですが、試行錯誤したすえに考えた練習方法プレゼントしますね。

シニアゴルファーが最短で上達する近道の画像

ゴルフ無料プレー券プレゼントの応募はコチラ

でも見方によれば、ゴルフスイングは1軸にも見えますよね。

冬芝アプローチで

冬芝のゴルフは難しい!芝も枯れてきて薄くなっているうえに体は寒さで硬くなります。冬芝の対策を考えての練習方法など考えてすること重要です。

 冬芝 20ヤード以内のアプローチで失敗しない方法

冬芝のアプローチで失敗しないコツは、ダフリを防ぐこと、トップを防ぐことの2点に尽きます。そのことができることが大前提ですが、それから「距離感」です。

重要なことは「大きなミスをしないこと」それから「距離感は迷わない」ことです。20ヤード以内のアプローチでミスをするとスコアーにも影響します。

精神的にも「凹みますから」グリーン近くにきてからのミスは、出来る限りしないように練習を積み重ねてすることが大切です。そのためには下記のこと重要です。

1.転がすことができるかどうかの判断
2.パターが使えるかどうかの判断
3.AWウエッジ・9番アイアンどちらでもOK
4.ヒールを浮かしてトウでパターのように打つ

冬芝アプローチで転がすことが出来ない場合の対処方法

バンカー越えのアプローチが残った場合は、仕方なくボールを上げる必要があります。その時の考え方ですが、プロでも失敗する「冬芝アプローチ」だということを肝に銘じて下記のことを守ってください。

1.グリーンに寄せることより、バンカーに落とさないこと
2.グリーンの手前より奥でもいいとピンをオーバーさせること
3.過信したスイングをしない(実力通りのスイング)

冬芝のアプローチでは、間違っても「ファッと上げて止める」なんてこと考えてはいけません。自分の得意なショットでダフらないスイングをしてくださいね。

 バンカーショットの打ち方 距離感を知る

バンカーからのショット 画像

アプローチを失敗してバンカーに落とした場合は仕方ありません。ここで考えることは、アプローチのミスを引きずらないことです。悔やんでも仕方ないですから、ミスの連鎖を止めることです。

バンカーからのショットで大事なことは、上げることに失敗することです。バンカーからのショットが2回、3回とならないように、必ず1発でアウトすることです。

バンカーからのショットで距離感を出すには、「練習時間が少ない」一般のゴルファーへのアドバイスとしては、2種類の打ち方を覚えること、そして練習することです。

アプローチで30ヤードの打ち方と60ヤードの打ち方の2つでいいです。バンカーからのショットででは、通常の距離の3分の1が目安です。

最初は、「フェースの開き」を意識しなくていいです。この2つの打ち方で練習を重ねて「1発脱出」ができるようになれば、少しフェースの開きを意識して練習して下さい。

バンカーショットの打ち方 硬い砂や雨の日場合

バンカーからのショットが苦手の場合は、雨の日のバンカーはつらいです。雨で砂が湿っているので、ウエッジのソールが抜けにくいです。

バンカーからのショットが苦手なあなたにおススメの基本情報は、次の3点です。シンプルな誰でも知って得な情報ですから是非実行して下さい。

(1)バンカーショットに優しいSWを使う
(2)バンカーの硬さに合ったバウンスを選ぶ
(3)深く入り過ぎるタイプ(ダフリに悩ん)「バウンス多め」がオススメ

バンスの小さめ~大き目といっても「どっちを選ぶ」か迷いますよね。私のおすすめは、あなたのスイングタイプによりますので個別の指導はできませんが。

誰にも合う方法は、2種類のウエッジを持つことです。バンスの大き目ウエッジはバンカーを易しくしてくれます。

バンスの小さいウエッジは、雨の日や、硬い砂の場合に抜けがいいので、どんな状況でも「バンカーからのショットが易しくなります。

ウエッジの選び方でゴルフが簡単に!

プロからアマチュアゴルファーは難しいウエッジを選んでいるとの指摘を受けたことがあります。プロはバンスの小さいのを好みますが、アマチュアゴルファは真似しては駄目です。

バンスが大きいほうが易しく使えるとのことですが、なぜ大きいほうがいいのか役割について説明してもらいます。

バンスの役割について

バンスが大きいほど「地面にささりにくくなる」ということです。このバンスの役割は、インパクトの時クラブが地面に潜らないようにするためです。

バンス角がないとヘッドが接地したさいにリーディングエッジだけが地面に当たるので刺さってしまうんです。「ザックリ」です。

スピン冬芝から安定して画像

バンス角が大きいと、リーディングエッジから接地したときに、ほぼ同時にソールのバンスが接地しやすくなるので刺さりにくくソールが滑るように動くので「ザックリ」しないのです。

ゆりさん
それなら上級者もバンスが大きいほうがいいのですか??
雅人さん
上級者は、難しい状況からでも良い結果を出す必要があるので、(例えばベアグランド等)バンスが小さいモデルを好むんだよ。

冬芝から安定して 画像

最近は、バンスが小さくてもソール幅を大きくして結果的に刺さらないようにしたモデルもあるので、バンスが大きいモデルに違和感がある人は使ってみるといいですよ。

アマチュアゴルファーにおススメのバンス角は、「10度以上」あったほうがいいようです。でも芝の薄いところでは、はじかれるので、2つのタイプのウエッジを持つことをお勧めします。

バンカーショットの打ち方動画

spidetobu01

世界のトッププレーヤー達は、ドライバーショットで楽々300ヤードを超えるショットを打っています。その飛距離を実現するのは「高打ち出し、低スピン」弾道だ。彼らが実践している世界基準の打ち方に僕らのドライバーの飛距離も伸びるヒントが詰まっている。ゴルフダイジェスト 2016年 03 月号 [雑誌]1月21日発売記載

私も含めてゴルファーは「ドライバーの飛距離を伸ばしたい」というのは永遠のテーマです。飛ぶドライバー探し、自分のスイングに合ったシャフト探しも飛ばしに重要なことですが、自分のスイングの特徴を知ることも大切なことです。

ドライバー 飛距離

スピンを見方にすれば、まだまだ飛ばせます。高打ち出し、低スピンが飛ぶ」ということは、一度は聞いたことがあると思います。世界のトッププロ(A・スコット動画)もこの弾道ででっかく飛ばしています。

飛ぶ弾道と飛ばない弾道では、どう違うのか、何が違うのかその答えを知りました。ゴルフダイジェスト1月21日発売の記事に福岡工業大学の名誉教授(溝田先生)によると「飛距離にはスピンが大きく影響するらしいです。

ドライバー 打ち方

スピンが多すぎれば空気抵抗が大きくなり、少なすぎれば(トップして芯に当たらない時等)キャリーが伸びない。研究では、ヘッドスピード42m/sなら打ち出し角18度、スピン量2000回転が最高に飛ばせることが分かりました。

多くのゴルファーは、スピン量が多すぎて飛距離をロスしているとのこと。そこで、自分自身のスイングを調べてみることにしました。

インドアゴルフ練習場には、スイングを調べる機器が備えてあります。ヘッドスピード、スピン量、飛距離、方角等、コンピュータ画像で見ることができます。その模様を動画撮影してきたのがこの画像です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓  

私のヘッドスピードは40m/s~42m/s・飛距離は芯に当たって230ヤード。今回のテーマは、芯に当たったとき、ミスショットの時のスピン量を知ることでした。もう一つは、昨年まで使用しているドライバーと今年購入したドライバーと比較をして見ることです。

ゴルフシャフト比較テストの結果は、キャリーで200ヤード超えた場合のスピン量は、3500回転、200ヤードを超えない場合のスピン量は、4000回転~5000回転もあることが分かりました。

参考のために、PGAのプロゴルファーの平均スピン量は、約2600回転。ローリー・マキュロイ:2383回転、バッバ・ワトソン:2580回転、ジェイソン・ディ:2299回転、ダスティン・ジョンソン:2340回転。3000回転のプロ選手もいますが、上位選手は2000回転台が主です。

プロのように振れなくても、私たち一般のゴルファーが適正なスピンで打つにはどうしたらいいのだろうか。条件は2つだそうです。
1.クラブの軌道をレベルからややアッパーにすること。
2.クラブの芯のやや上でボールを打つこと。

スピン量が多い一般ゴルファーの特徴
1.スライス回転
2.アッパーに打ちすぎ
3.ダウンブローに打ちすぎ
4.クラブヘッドの下側、ヒール側に当たっている

最近のドライバーは、低・深重心化し、ボールもスピンレスになっていることからレベルに打ってもボールは上がるしスピンも少なくなっているので、古いドライバーを使用されている方は、自分のスイングの特長を知った上で、買い替えるのもスピン量を減らすことで、飛距離はまだまだ伸びると思います。

スイング動画作成しました(A・スコット)>>>>>>>





saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加