素振りでゴルフ上達の効果が出た方法|シングル入りへの近道とは?

Pocket

素振りが一番の上達の近道

素振りのようにスイングが出来れば、「プロゴルファーみたいなスイングになれている」と思っているゴルファーは私だけではないと思います(笑)

素振りのようにスイングできるようになるためにはどうすればいいのでしょうか。これが分かれば上達を約束されたようなものです。

「どうせ出来ないのだから」と諦める前に試してください。プロのようなスイングができるようになるためには必要なことです。

素振りの効果を甘く見てはいけない

プロゴルファーがスイングを作るうえで一番大切だと思って実践していることは「シャドースイング」だといいます。

野球やボクシングの練習ではよく見る光景ですよね。どのスポーツでも欠かせない練習方法だと思います。目的はどのようにして形をつくるかです。

シャドースイングの目的は型を作ること

素振りだと上手に振れるのにボールを打とうとすると同じように気持ちよく振れないこと誰でもです。初心者からプロゴルファーまでいえると思います。

ではなぜプロゴルファーは素晴らしいスイングができるのでしょうか。また、アマチュアゴルファーは、なぜ出来ないのでしょうか?

ボールを打つけど素振りしていない!

一般のゴルファーが素振りやシャドースイングしていますか?毎日欠かさずとはいいませんが、ボールを打つほど時間をかけて素振りしていますか。

シャドースイング(素振り)の目的は、型を作ることです。素振りだと上手に振れるのにボールを前にすると絶対に同じように振れないからこそ

素振りで型をつくることに時間をかけることです。素振りで正しいスイングの型をつくらずしてボールを打つときに正しいスイングはできません。

シングル入りへの近道となった素振り方法

スコアメイクには「アプローチの練習」「パター練習」が大きな比重を持っていることは上級者ほど分かりますが、もう一つ重要なこととは。

ドライバーショットが安定することです。100切りができない人も90を切るが出来ない人もシングル入りが出来ない人もすべてに当てはまることです。

レベルは違うけど、第1打のショットを安定させることは、あとあと有利な条件になることは誰しもゴルファーなら感じていることです。

シャフト素振りの効果的な方法と理由

ヘッドなしシャフト素振りは、飛距離や安定性を高めるために下半身主導で打てるようになる効果的な方法です。

ヘッドがない分軽くて反動がないから正しい動きをマスターできる!

ハンディーが10の時にシングルプレーヤーを目指して素振りでスイング練習をしている時にに、偶然にヘッドなしシャフトを振ってみたら

重さがないから

余計な力が入らずにスイングできて、切り返しのときにヘッドの重さの反動を感じないぶん下半身を使うコツを知りことができました。

ゆっくり素振りすると、さらに効果的で「始動・切り返し」のタイミングが掴めます。下半身主導で前進を使ったスイングが分かりました。

練習場ではボールを打つ前にゴムティー打ち素振り

距離のあるホールに来ると「ドローボールで飛ばしたい」と悪いクセで右肩が下がり「あおり打ち」になることがあります。

飛ばそうとして「あおり打ち」になるクセがあったことで、ひどい時にはダフってチーピンになったりチョロしたりしていました。

シングルプレーヤーに慣れない大きな原因のひとつだったのです。インドアゴルフでのレッスンプロの教えで、ゴムティー打ちを教わりました。

いいスイングをすると「バァーン」と思い音が出ます。こんな音がでるには、右肩が下がる「あおり打ち」ではでません。

ドライバーのヘッドがゴムティーに平行に入れば(レベル)ゴムティーの根元に当たり「バァーン」と思い音が出るようになれば合格です。

ゴムティーのない練習場ではできないので自宅でもできますので、練習場へ行く前にやると時間もお金も節約できますよ。

仕事でそんなに練習できませんが、毎日の素振りはできます。夕食後素振りと散歩を習慣化することでシングルプレーヤーになることができました。

画像

Pocket





saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加