80切り ゴルフができない原因とは! 苦手なホールを克服する方法

Pocket

80切りには持ち球を作る画像

ゴルフで80切りを目指しているあなたは、ゴルフの上級者ですよね~。80を切るには「40」「39」とハーフどちらかで30台を出す必要があります。

桃花さん
スコアーがすべてではありませんが上達する気持ちは持ちつづけてね\(^o^)/

若さん
シングルプレーヤーの壁は厚いです。サラリーマンゴルファーがシングルになるには、そう簡単ではありませんです。

ゴルフはスコアーがすべてではありません。しかし、打数を縮めることに対して貪欲な面がなければ上達することは難しいです。

問題点を見つけることがスタート

80台を切るためにやることは、ハーフで30台を出す攻め方では、パーオンを4回を目指してラウンドする気持ちが必要です。

最近の私のスコアーカードを見て下さい。そこには80切りができない典型的なスコアーになっています。その問題点から上達のヒントが。

80を切るためにすることは

宝塚高原ゴルフコースのアウトコースは、ボギー6つ「42」ダボやトリプルはなかったもののパーオンが3カ所で寄せワンもないゴルフ。

このようなゴルフで、後2打から3打縮めるには「寄せとパター」の確率を上げること、もちろんパーオンの確率を上げる必要があります。

インコースでは、パーオン3回、寄せワン2回とパー「5回」てれたものの、11番と13番でトリプルボギー、15番でダブルボギーの「45」。

シニアゴルファーが最短で上達する近道の画像

ゴルフ無料プレー券プレゼントの応募はコチラ

ミスしたホールをタラレバで検証

ラウンドを振り返り、タラレバを使って、何が悪かったかを振り返って検証してみることは、そのラウンドを有意義なものとして反省できます。

アウトの1番は、短いミドルホールの1打を左ラフからグリーンに乗せることができずに易しいアプローチをミスしてボギー。

3番ショートホールも手前からのアプローチをショートしてボギーともったいないボギーでした。この2ホールだけでも

プラス2打 がなければ「40」

11番・13番はティーショットをOBしたこと、打ち直しもミスショットしてしまったことによるものでした。

15番はセカンドがグリーンオンしたものの上グリーンにのったものの「4パット」したことで2オン4パットしたことが致命的でした。

OB×2=4打 + 4パット2パットだったら「39」

問題点

・打ち上げのホールでのティーショットをミスする傾向があること
・寄せる確率が低いこと
・ミドルパットでバーディーが出ないこと
・1M~2Mのパットの確率を上げること

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村←参考になりましたら応援”ポチッ”と、よろしくお願いしますm(__)m

80切り練習の考え方

ミスしたホールをタラレバで検証したことで、今回のラウンドアウト「42」イン「45」グロス「87」から見えた私の弱点は、大きくは、ドライバーの不安定とパター数。

アプローチの打ち方の練習、バーディーチャンスを増やすためのショットの練習も、重要だが、特にミスのが大きかったティーショットをミスは、

センター狙いからどちらかに曲がるボールより、どちらかに曲がることを計算したボール、持ち球を持つことの重要性を感じました。

80切るには曲がるボールが

ドライバーの打ち方の基本はスライスかドローで曲げること!

プロやトップアマといったゴルフの上級者は、真っすぐは打たないということを知りました。曲げ球というと、大きく曲がっていくイメージですが、

そうではありません。ストレートボールには2つのリスクがあります。ドローかフェードのどちらかの「持ち球」があることで、ゴルフが楽になる。

トップアマの皆さんから聞きました。「攻める時も守る時も、持ち球があれば迷わないし、選択するルートも明確になります」とのことです。

一生懸命に真っすぐ打とうと練習している一般ゴルファーの皆さんにも参考になると思います。練習場ではどちらに曲げる練習をすることです。

80切りのツボは持ち球を持つことが最大のメリット

80切りのドライバーショット

一般のアマチュアゴルファーがドローボールとフェードボールを打ち分けるのは「難しい過ぎます」からと諦めるのは速いです。

持ち球を持つことが最大のメリットは、どちらかに曲がると分かれば、コースを広く使えるので狭いホールでも広く使うことができます。

どちらかでいいと思いますよ。どちらかに曲がる球を持ち球にして練習場では両方の練習を続ければいいのですから。

明日からではなく今日からの練習は「どちらかに曲がるボールを練習」することで、あなたのゴルフは見違えるほどに上達する道を見つけたことになります。

80切りのパット数「30」が目標

プロゴルファーは、ゴルフ練習のうち6割から7割をパットの練習に時間を割いているといいます。いかにパッティングが奥深いかが分かります。

また、パッティングには形はないといいます。タイガーウッズやマキュロイといった世界のトッププロからトップアマまで形は色々です。

オーバーラッピング、逆オーバーラッピング、スタンス幅は広いか狭いか等々、スイングと違い色んな形があります。

入ればそれでokなのがパッティングなんです。パターのアドレスの基本とは何でしょうか。グリップの握り方やスタンス幅などは、

よいストロークをするための準備段階です。スムースにヘッドが動き、自分の感覚を生かせる形を探せるかがポイントです。

【PR】
ゴルフ場の予約が混み合う「来月予約のねらい目」も「早めの予約でお得に」豪華賞品が当たるチャンス!

シニアゴルファー セッティング次第で上達する

80切りコースマネジメント
80切り練習の考え方
80切りアイアン
80切りクラブセッティング
80切りのツボ
80切り マネジメント
80切り パット数
80切り 割合

Pocket





saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加