ゴルフスイングの基本 図解 1軸か2軸かどっち?

Pocket

還暦からゴルフスイングの基本を知る

ゴルフスイングの基本は重要です。大事ですが、じゃどれが基本なのか「色々あって」分からないことありませんか?

スイングの軸について、60歳からシングルを目指して、66歳でシングルになるまでの厚い壁をブチ破った体験を紹介します。

ゴルフスイングの基本|2軸の落とし穴

ゴルフ雑誌をみても「1軸か2軸」はゴルフ界では昔からあるひとつの論争でもあるのですからアマチュアゴルファーが悩むのも当然です。

プロゴルファーのスイングの動画を見てみると、当時の僕にはスイングをしているのは「2軸スイング」にしか見えませんでした。

野球のピッチャーのボールを投げる姿をイメージして見て下さい。ボールを振りかぶるときは、右足(右ピッチャー)を軸にして、ボールを投げる時には

左足を軸にして右手を振りますよね。右足の軸から左足の軸を使う「完璧な2軸」です。ゴルフのスイングもバックスイング~ダウンスイングで

右足から左足へと軸は2本が正解か?

定年後からシングルを目指してスイング改造を取り組んでいた時も迷うことなく「2軸を意識」してスイング練習をしていました。

真面目に努力すればするほど「2軸に拘るスイング」の落とし穴にハマっていきました。その結果がこのスイングです。

ゴルフスイングの基本 スエー画像

体重移動を意識してスイングすれば、このような間違いを起こしてしまう危険もあるのです。努力すれば上達するものでもないと気がつきました。

自分の姿が見えないゴルフスイングは、自分の思っている形と実際の形が違うのです。自分の動画の映像を見て気がつきました。

2つの軸を意識して「スエー」していることに気づく

2軸を意識し過ぎると体重移動が大きくなり過ぎて、クラブのヘッドが遅れてくるので手で合わせにいった結果がこのような姿勢です。

ゴルフスイングの基本 インパクト画像

右足の軸にのったままのスイング

その真逆が「1軸スイング」を意識しすぎると体重移動をしない「明治の大砲」といわれる右足の軸にのったままのスイングになります。

ゴルフスイングの基本 明治の大砲画像

一流のゴルファースイングは体重移動は必須

プロゴルファーだけでなく、上手なゴルファーは確実に体重移動しています。ただ違うのは、軸の範囲が棒ではなく、円筒状の太い軸なんですね。

その太い軸の中で体重移動をスムーズにするから2軸でも1本に見えるというのが正解です。このことに気づくまでに多くの時間を費やしました(-_-;)

「努力さえすれば上達する」だけでは間違いだと気付きました。しかし、努力したからこそ間違いに気づきました。

やってきたことが無意味だとも思いませんが、遠回りはしたかもしれませんが「だからこそ分かった時は嬉し」かったです。

どうやったら太い軸の中で体重移動ができるようになるのか、最短でできるようになる練習方法を調べました。

ゴルフスイングの基本を図解で見てみる

ゴルフスイングの基本 図解の画像

ゴルフスイングの基本を知るためには、自分のスイング画像を撮ってもらい真実の自分のスイングを知る必要があります。まずはそこからがスタートです。

ゴルフスイングの基本に戻り書籍やインターネットで検索したりYouTube動画を視聴したりした結果3つの練習方法を知りました。

べた足で練習する 韓国式練習 練習方法その➊

韓国の選手はべた足でスイングしています。すべての韓国選手ではないですが、子供の時からゴルフをやってる人は「べた足スイング」で習っているようです。

韓国のジュニア選手はべた足スイングが基本で、両足のかかとを付けたままボールを打つ練習をしているそうです。SK・ホー書籍より

オリンピックで金メダルをとったパク・インビ選手や日本で4回の賞金女王になったアン・ゾンジュ選手は有名です。

定年後にシングルを目指して練習を始めたが、2軸スイングを意識してスエーしているのに気づき、べた足で練習を開始しました。

ジャイロスイング 坂田信弘氏の練習方法とは 練習方法その➋

坂田プロによれば、ゴルフは高齢になればなるほど飛距離ががくんと落とすのには理由があるといいます。

それはなぜかといいますと、スイングが小手先のスイングになってしまうからだといいます。私が友人のスイングを見て思っていることですが、

高年齢になればなるほど、肩や体の筋肉が硬くなって「バックスイング」で肩の位置が高く上がらなくなっているようです。

体を柔らかくするようにストレッチとかするのも重要ですが、スイングを体の回転でするようにすることが最短で上達する練習方法だと思っています。

スイングの基本がスグに分かる練習方法プレゼント

悪い癖を治す2つの練習方法を紹介しました。私の基本の練習はこの2つですが、この練習方法を少しでも最短にできるようになる自宅で練習する方法があります。

練習方法は間違いではないですが、練習ではできても本番のコースに行くとプレッシャーのかかる、ここというところで、悪い癖がでます。

悪い癖を治すためには、練習場でボールを打つだけでは、絶対に治りません。これは自信をもって言えます。

60歳からシングルを目指して66歳で、やっとたどり着いたからこそ分かることですが、試行錯誤したすえに考えた練習方法プレゼントしますね。

でも見方によれば、ゴルフスイングは1軸にも見えますよね。

Pocket







saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加