フォージドアイアン やさしい|人気フォージドベスト3はコレ!

Pocket

———————————————————————————————————————————————

やさしい”人気のフォージドアイアン”はコレ!

———————————————————————————————————————————————

フォージドアイアンに「やさしいモデル」はあるのか! とゴルフ中級者から上級者の間で「ソールの抜け」「コントロール性能」「打球音」等、本来アイアンに求める多くの機能を高いレベルで満たしてくれるアイアンが人気を集めている。

昨今、大きな飛距離をアピールする激飛びアイアンが多く登場している。7番アイアンのロフト角度が26度前後と、標準よりもロフトを立て、飛び性能を重視したことで人気を集めていたのだ。

フォージドアイアン やさしい

今回紹介する「フォージドアイアン やさしい人気ベスト3」の注目作は、7番のロフト角は30度以上。飛ばし性能に特化するのではなく、「打感」「打球音」「ソールの抜けの良さ」「コントロール性能」など、アイアンに求められる多くの機能を、高いレベルで達しているのが特徴だ。

求める機能によりアイアン選びは変わる

機能の違いは、特にソール形状に出ています。ソールが面取りされつい買い勝手のいい「タイトリスト718 AP3」抜けの良さを重視するなら、幅が狭く、丸みのある「キャロウェイ Xフージド2018」。

幅広ソールの「ピン G400アイアン」なら、ミスに強くボールも良く上がる。ゴルフの腕前が同じでも、アイアンにどんな機能を求めるかで選択するモデルが変わってくるのは当然だ。

フォージドアイアン キャロウェイ Xフージド2018 極上の本格派

フォージドアイアン やさしい人気ベストフォージドアイアン キャロウェイ Xフージド2018は、コントロール性能が高く縦の距離がそろう。2007年に初代モデルが発売されて以来、プロや中・上級者に好まれてきた。

今回は、4年ぶりとなる待望の2018年版は、打感の柔らかさに驚くことでしょう。インパクトを表現すると「ソフトな感触のまま、ぐっとボールがくっついて、手の中に余韻が広がる感じだそうです。

ヘッドサイズは前作から一回り大きくなっていながら、前作を上回る打感を実現している。ソールには丸みがあり、心地よく抜けてくれるのでコントロールしやすいアイアンです。練習が楽しくなりそうです(^^♪

メーカーから一言
このアイアンの最大のウリは、Xフォージド史上、最高の打感で、前作をしのぐ打感にするために、1ピース構造の打点位置を肉厚にすることで、さらにソフトな打感を実現しているとのことです。

タイトリスト718 AP3 アイアン カッコよさ抜群

タイトリスト718 AP3 アイアンタイトリスト718 AP3 アイアンは、ツアーモデルより飛んでミスヒットにも強い。飛距離と寛容性に優れたAP1と、j・スピースらツアープロに評価の高いAP2との中間に位置づけるアイアンです。

ツアーモデルと比べみて飛距離、ミスへの強さで中・上級者が求める操作性を持っているアイアンです。面長な顔はシャープに見えて、いかにもコントロールできそうに見えてしまうイイ顔しています。

プロ仕様の難しいアイアンに見えますが、打ってみるとミスにも強いのは、中空構造のためです。ショート番手になるほどストレートネックになり、ウエッジとの組み合わせもいい。

打感は、硬から柔でインパクトの出球は速く感じるが、同時に柔らかな手ごたえもあります。高機能を感じさせるハイブリッドなデザインと、風格のあるたたずまいのある魅力的なアイアンだ。

メーカーから一言
飛距離を追及した新しいディスタンスアイアンです。高い飛び性能だけでなく、許容性もあり、何よりもタイトリストらしいシャープで美しいヘッドシェイプが構えやすくいいショットをイメージさせる見れば欲しくなるアイアン。

ピン G400アイアン どこに当たっても高弾道で飛ばせる

ピン G400アイアンは、どこに当たっても高弾道で、ロフト以上に飛ばせる、飛びと許容性を両立したモデルです。3モデルの中で、一番ヘッドが大きい。重心距離は長くなるものの、しっかりとグースがついていて、ボールの捕まりがいい。

フォージドやさしい ピン G400アイアンピンのアイアン史上、最も低く深い重心位置に設定してあるてめ、ボールがより高く上がり、事前とハイドローの弾道になりやすいアイアンだ。

最もアベレージゴルファーにお勧めなのは、ミスヒットへの許容範囲に高さです。打点のプレはもちろん、ダフリのミスも幅広で強いバンス角のソールが、適度に結果を出してくれます。

ソールの形状は、ボールが浮きやすい日本のコーライ芝にマッチしているそうで、これらのことを知ると「絶対欲しくなるアイアン」のひとつです。

7番アイアンのロフト角度は30度と現代のアイアンの中では標準的だが、フェースの反発性能が高く、ロフト角以上の飛びが出るのもこのアイアンの特徴だ。

今季の後半からG400アイアンを愛用する尾崎将司プロも飛距離と曲がりにくさを評価しているようです。

メーカーから一言
「ブレない」抵抗しない」「反発する」のコンセプトで高い慣性モーメントがヘッドのブレを抑えて飛ばせます。アイアンに必要不可欠な「高さ」が出せ、さらにフィティングを受けることで、最強の武器になります。

Pocket






saidoprofi
90切るドライバーランキング2017
ライザップゴルフ 体験

YAHOO TOTO


ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加