NHK 使用済み核燃料はどこへ

Pocket

NHKスペシャル「 核のゴミはどこへ」「検証・使用済み核燃料」を昨夜の放送を観て、益々原発再稼動を推し進めようとしている電力会社、そこに取り巻く、御用学者、政治家に憤りを感じます。

使用済み核燃料は、原発などに貯蔵され、その量は1万7千トンに達しているらしい。国が、使用済み核燃料を資源として貯蔵・再利用する、核燃料サイクルを推進してきたためだといわれている。

しか し、サイクルの要となる青森県六ヶ所村再処理工場は、トラブルの連続で操業開始を延期し続け、高速増殖炉「もんじゅ」も、1995年の事故以来、ほとんど 動いていない。

ところが、自公・安倍政権は、「前政権下の原発ゼロ政策の見直し」「核燃料サイクルの継続」を表明しています。

このことにより、使用済み核燃料、高レベル放射性廃棄物が再び大量に増え続けることになるのです。

使用済み核燃料や廃棄物の処理方法も解決できないのに、まだ再稼動どころか、新規の原発を建設計画、原発の輸出をしようとしている政治家の気持ちが理解出来ない。

世界規模で、1日も早く原発ゼロをめざす事で一致できないのだろうか?これ以上核のゴミを増やしてはいけない。次世代に負担を先送りしない方策が出来ることを世界の英知を集めて解決の道を見つけ出すことを願う。

そのことに少しでも力に成りたい・・・・・・・・・。

Pocket

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする






saidoprofi
90切るドライバーランキング2017
ライザップゴルフ 体験

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加