ゴルフも野球もコントロールは腰で

Pocket

「ゴルフも野球もコントロールは腰で」リードするのは一緒だということが最近分ってきました。ゴルフを始めたころは止まっているボールに当てることが必死で手打ちになっていたと思います。最初から、分っていたら無駄な時間は・・・と ゴルフの肝を伝えていきたいと思っています。

ゴルフスイングの肝は腰のリードで トップからの切り返しは動画をストップしながら見て下さい(^o^)/

前回は、Tさんの「シングルになるための5つのアドバイス」を紹介しましたが、今回は、「ゴルフスイングの肝は腰のリードで」することの重要で基本的なスイングである事を理解してください。少しずつ説明していきますね。

プロのスイングを見ていると、トップからの切り替えしの時シャフトがしなっているのが分ると思います。どうして「しなるのか」分りますか?

腕から(上半身)だけで腰を使っていなかったら、しなりません。腕からスイングしても腰は動きますけど、一緒に動いているだけです。

スキーに例えると、ターンをする前にねじりを最大にかけておいて、抜く(跳ね返り)を感じますが、それと同じです。トップから一瞬腰が先行して腕がおりてくる、その瞬間が分るかどうかだと思います。

もう一つ例を出すと、鉄棒にぶら下がっていて、最初は真直ぐ正面に向いていて、下半身だけどちらかの方向に曲げます、足を地面から離すと正面に勝手に返ってきますね、その元に戻ってくる感じです。

つまり、「腕と下半身に時間差があるかどうか」でタメのあるスイングになるのです。腰と上半身の動きを覚えたら「シングル」間違いなしです。後は練習するのみです。

腰のリードでスイングするための練習方法

頭で分っていても、そのスイングができるようになるには練習が必要です。素振りでできてもボールを打つときに、そのスイングができるかどうかは別です。「素振りはプロなみなのにな~」という人もいます(笑)

素振りと同じようにスイングができるようになるための練習は・・・・・

練習しかありません(笑)

私の練習方法は、「野球のマスコットバット」を使います。ない人は、「ほうき」とかでもいいですが、広いところでなくては出来ないので、やはりバットがいいですね。バットなら家の中でも振れますしね。

重いバットを振るには、腰(下半身)リードでなくてはスイングできないから自然とできるようになりますよ。

私の理想の練習方法は、月曜日から木曜日まで、バットで素振りして金曜日に練習場でボールうちます。そして日曜日にラウンドします。

女子プロも使っているんですね~

Pocket







saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加