ドライバーで180ヤード飛ばない理由|曲がらないドライバー 2015

ドライバー 飛ばない パター練習方法 自宅

sing00

ドライバーで飛距離が、180ヤード飛ばない原因は「体力」や「年齢」の問題ではなくて私の知る限り「ゴルフスイング」(打ち方)に問題があるか、自分に合ったドライバーを使用していないかドライバーの練習方法を間違っているケースがほとんんどです。

1.ドライバーの練習方法が間違っている!
2.自分に合ったドライバーを使っていない!
3.ゴルフスイングに問題がある!

jyosi

1.ドライバーの練習方法

練習場でボールを打つときには、目的を持ってボールを打つことです。「今どんな練習をしているのか?何のためにボールを打っているのか?」です。ただナイスショットがでるためにポンポコポンポコとボールを打つだけでは「もったいない」です。「スイングを作っているのか」「ドライバーという長いクラブになれるため」なのか目的を持つことです。

■自分の持球を決めること

1番長いシャフトと立っているロフトのあるドライバーで、真っ直ぐ遠くへ飛ばす確立を上げるには曲がらないドライバースイング」をすることが重要で大切なことですが、これには間違いもあります。「真っ直ぐではなく、どちらかに曲げるボール」を知ることが必要なのです。自分の持球は「ドロー系なのかフェード系なのか」できるだけ早いうちに決めることです。

スイングを作る練習では曲がらないドライバーショットではなく曲がりを意識したスイングを覚えてください。そして得意な曲がりをきわめることを頑固に練習してください。何の気なしにボールを「ポンポコポンポコ」と打っても上達はしません。

ドライバーになれる練習ではドライバーになれる練習では、100ヤード~150ヤードの距離までしか飛ばないように「ゆっくりとしたスイング」でドライバーになれてください。無理に飛ばそうと力任せの練習はかえってマイナスです。スイングが出来てきてからヘッドスピードを使ったスイングをすればいいのです。

2.自分に合ったドライバーを探す

自分に合ったドライバーを探すことは、ほんとうに重要で大切なことです。でもゴルフ初心者が自分に合ったドライバーを探すのは簡単ではありません。上級者でも自分に合ったドライバーを探すことは難しいことで、自分のドライバーに会えるのなら、どんな労力も惜しまないです。

ゴルフの上級者でも難しい、「自分に合ったドライバー探し」はどうするのでしょうか? 私が思うには、自分の現在のスイングの特徴・能力を冷静に分析して知ることです。特に重要な3つの要因は➀ヘッドスピード➁技術力➂スイングタイプです。

➀ヘッドスピード

3つに分けて、プロ級(45以上)速い(43以上)平均より速い(41以上)普通(38~40)遅い(38以下)、それより遅い(37以下)と細かく分ければきりがないですが、自分のヘッドスピードがどのランクなのか知ってください。ゴルフ5やつるや、ミズノでフッティングを受ければ分析してくれます。自分で測定するならヘッドスピード測定器で測定できますよ。

➁技術力

初心者では当然低いですが、ボールを捕らえる力は初心者でもすぐれている人いますから一概にはいえませんが、どの程度の技術力か自分自身でも判断できる範囲でしてください。上・中・下の3段階でバックりとでもいいです。最も技術力が低くければロフト角度は12度以上 中なら10度~11度  上なら9.5度以下でいいでしょう。

➂スイングタイプ

スイングタイプは、➀ゆっくり大きくスイングするタイプ➁強く振るパワーヒッター➂その中間の場合の3つで分けるとするとシャフトタイプの選択をすることが出来ます。➀のゆっくり大きくスイングタイプは「先調子でしなるシャフト」➁のパワーヒッターの場合は、中or手元調子のシャフト➁のどちらでもないタイプなら中調子を選びましょう。

ヘッドを決めるには、自分のスイングが「スライサー系」「フック系」なのかも重要なポイントです。最近のゴルフメーカーの傾向としては、タイプ別にドライバーのヘッドを作っているようです。

自分に合ったドライバーを探す詳細はこちらで見てください。

フッティングしてもらって自分に合ったクラブを選んでもそれが、本当に会ったクラブかどうかは「コースで打ってみなければ分からない」というのが本音ですが、バッチリ合ったかどうかは初心者には分からないかもです。これだけ言ってから「わからない」では「なんじゃそら」と思われるでしょうが、そんなもんなんです(笑)

私もどれだけのドライバーを買っては手放したか分かりません(^_^;) 自分に合うドライバーを探すことは、大変難しいことなんです。でも最初はある程度のクラブが見つかればそれで練習していればなんとかなりますよ。

初心者が固いシャフト(X)でロフト角度の無い(9度以下)クラブで手元調子のシャフトを使っていなければ大丈夫です。上達すれば、買い換えるのは必然なんで、最初は自分の好みの顔(ヘッドの形)で決めても問題ありませんです。

シャフトの硬さは、普通の体力の人なら「SR」ロフト角度「10.5度」「中調子or先調子」であれば無難です。ちょっと非力なら硬さは「R」ロフト角度「12度」「先調子」でいいでしょう。

曲がらない飛ぶドライバー 2015で探してください。ゴルフパートナーとかで中古ドライバーを買うのもいいですね。

3.ゴルフスイングに問題がある!

ゴルフスイング基本ができていないと思います。正しいゴルフスウィングで飛距離が出るドライバースイング法を知ることにより、シニアからゴルフを始められた方や女性ゴルファーでも安定して180ヤード~230ヤード以上の飛距離は飛ばせるようになるのです。

体力的にいえば、ドライバーショットでの180ヤードという飛距離は、80歳以上のシニアの方でも小柄な女性でも出せる飛距離です。ドライバーというクラブは、芯にあたれば出る飛距離に設計されているのです。(普通のスイングをした場合)

スイングが悪いと

「芯に当たらない」

「こすったように当たる」

「曲がりすぎる」

飛距離がでなくて当然です。ますます力を入れてスイングするので悪循環に陥り「ドライバーが曲がる」「安定しない」「飛ばない」ことで、ドライバー中心の練習になってしまっているゴルファーが多いです。今日から、間違ったゴルフスイングに「さようなら」して下さい。

【注】「曲げる」のと「曲がる」のとは基本的に違いますので誤解のないようにしてくださいね。上級者は、みんな自分の持ち球を持ってプレーしているので、OBが少ないのです。そして、常に飛距離の出るスイングを追及しているのです。

ドライバー 飛ばない パター練習方法 自宅

90を切るための5つの秘策へ戻る

  







saidoprofi

YAHOO TOTO

ブログランキング

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村

ゴルフ ブログランキ ングへ
ブログランキング
  • SEOブログパーツ



seo 

great banner

RSSボタン

livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加